筑波地震観測所

老朽化のため、2014年3月に筑波地震観測所の一部取り壊しがされました。
大正10年震災予防調査会により、筑波山微動観測所として創設され、後に地震研究所に所管替が昭和2年にされて現在に至ります。
Tsukuba Seismic Observatory: Due to deterioration, one of the building was demolished in March