氏名長尾 大道
職名准教授
所属巨大地震津波災害予測研究センター
専門データ同化, ベイズ統計学
URL http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/people/nagaoh/

最終更新日 10/27 2016

研究内容

主に気象学や海洋学で大きく発展を遂げてきた、数値シミュレーションと観測・実験データをベイズ統計学の枠組みで統融合するための基盤技術であるデータ同化について、研究開発を実施している。データ同化は、シミュレーションモデルに含まれるパラメータおよび各時刻における状態を逐次推定しながら、将来予測が可能なシミュレーションモデルを創出することを目的とする。例えば日々の天気予報はデータ同化そのものであり、予報円(確率密度関数)付きの台風の進路予測は、データ同化の結果が端的に表れた好例と言える。気象学とは異なる観点から、地震や津波に代表される固体地球科学に資するデータ同化技術の構築を目指している。

主要論文・著書

Nagao, H., T. Higuchi, T. Iyemori, S. Nakano, and T. Araki, Local time features of geomagnetic jerks, Earth Planets Space, 54, 117--131, 2002.

Nagao, H., T. Iyemori, T. Higuchi, and T. Araki, Lower mantle conductivity anomalies estimated from geomagnetic jerks, J. Geophys. Res., 108, B5, 2254, doi:10.1029/2002JB001786, , 2003.

長尾 大道, 樋口 知之, 地震音波データ同化システムの開発 ―双子実験による検証―, 統計数理, 61, 2, 257--270, 2013.

Nagao, H., T. Higuchi, S. Miura, and D. Inazu, Time-series modeling of tide gauge records for monitoring of the crustal activities related to oceanic trench earthquakes around Japan, The Computer Journal, 56, 3, 355--364, 2013.

Ito, S., H. Nagao, A. Yamanaka, Y. Tsukada, T. Koyama, M. Kano, and J. Inoue, Data assimilation for massive autonomous systems based on a second-order adjoint method, Phys. Rev. E, 94, doi:10.1103/PhysRevE.94.043307, , 2016.

Nagao, H., What is required for data assimilation that is applicable to big data in the solid Earth science?, 17th International Conference on Information Fusion, Salamanca, Spain, 7月8日, , 2014.

長尾 大道・水迫 覚信・加納 将行・堀 宗朗・廣瀬 慧, 高空間分解能を持つ地震動分布を推定するためのアルゴリズム開発, 2014年度 統計関連学会連合大会, 東京大学本郷キャンパス, 9月14日, , 2014.

Nagao, H., M. Kano, S. Mizusako, and A. Suzuki, Data-driven approaches beneficial to data assimilation in earthquake researches, 26th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics, Prague, Czech Republic, Jul. 1, , 2015.

Nagao, H., M. Kano, S. Mizusako, and A. Suzuki, Simulation-/data-driven data assimilation project toward "terra forecasting", The 4th International Symposium on Data Assimilation, Kobe, Japan, Feb. 25, , 2015.

長尾 大道・加納 将行・伊藤 伸一・石川 大智, 大規模データ同化のための計算技術開発, 2015年度 統計関連学会連合大会, 岡山大学, 9月7日, , 2015.

長尾 大道, データ同化の基礎理論とその応用, 土木学会応用力学委員会 応用力学講演会2015, 四ツ谷(土木学会), 12月8日, , 2015.

Nagao, H., D. Ishikawa, and M. Kano, Observation site selection strategy based on DC programming beneficial to seismic wave field imaging utilizing dense seismic array data, Asia Oceania Geoscience Society 2016, Beijing (China), Aug. 2, , 2016.

Ito, S., H. Nagao, A. Yamanaka, Y. Tsukada, T. Koyama, and J. Inoue, Adjoint based data assimilation for phase field model using second order information of a posterior distribution, American Physical Society March Meeting, Baltimore (USA), Mar. 16, , 2016.

Kano, M., H. Nagao, D. Ishikawa, S. Sakai, S. Nakagawa, M. Hori, and N. Hirata, Seismic wavefield imaging based on the replica exchange Monte Carlo, Asia Oceania Geoscience Society 2016, Beijing (China), Aug. 5, , 2016.

Ito, S., H. Nagao, A. Yamanaka, Y. Tsukada, T. Koyama, M. Kano, and J. Inoue, Data assimilation for massive autonomous systems based on second-order adjoint method, Statphys26, Lyon (France), Jul. 18-22, , 2016.

加納 将行・長尾 大道・伊藤 伸一・石川 大智・酒井 慎一・中川 茂樹・堀 宗朗・平田 直, レプリカ交換モンテカルロ法に基づく首都圏地震動イメージング, 2016年度 統計関連学会連合大会, 金沢大学角間キャンパス, 9月7日, , 2016.

石川 大智・加納 将行・伊藤 伸一・長尾 大道, クリギング法のための非凸最適化に基づく観測点選択, 2016年度 統計関連学会連合大会, 金沢大学角間キャンパス, 9月5日, , 2016.

伊藤 伸一・長尾 大道・加納 将行・山中 晃徳・小山 敏幸・塚田 祐貴・井上 純哉, 大規模自由度系におけるデータ同化のための2nd-order adjoint法に基づく不確実性評価法, 2016年度 統計関連学会連合大会, 金沢大学角間キャンパス, 9月5日, , 2016.

平田 直・中川 茂樹・酒井 慎一・鶴岡 弘・佐藤 比呂志・佐竹 健治・木村 尚紀・本多 亮・堀 宗朗・長尾 大道・石辺 岳男・村岸 純・加納 将行・中村 亮一・パナヨトプロス ヤニス・横井 佐代子, 都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクト: ー鹽堋床蔀録未涼録魅魯供璽・リスク予測のための調査・研究, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 5月23日, , 2016.

石川 大智・加納 将行・長尾 大道, クリギング法のための非凸最適化に基づく観測点選択, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 5月22日, , 2016.

長尾 大道・加納 将行・石川 大智, 首都圏地震動イメージング 〜レプリカ交換モンテカルロ法による地震動と地下構造の同時推定〜, 2015年度 スパースモデリング公開シンポジウム, 神戸大学総合研究拠点, 3月7日, , 2016.

加納 将行・長尾 大道・石川 大智・酒井 慎一・中川 茂樹・堀 宗朗・平田 直, レプリカ交換モンテカルロ法を用いた首都圏地震動イメージング, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 5月23日, , 2016.