Slider 1

KUSUNOKI LAB

WE FOCUS ON STRCUTURES

Slider 2

KUSUNOKI LAB

WE ARE KUSUNOKI LAB

Slider 3

KUSUNOKI LAB

WE ARE WAITING FOR YOU

研究分野 / RESEARCH

加速度センサーを用いた建物のリアルタイム残余耐震性能判定システムの開発

Structural health monitoring in earthquake engineering and structural damage assessment

中性子回折法を用いたRC部材の曲げ付着応力度の評価

Verification of Truss-and-Arch Model for shear failure on reinforced concrete structure

FEM解析を用いたRC壁式構造の耐震性能の評価

Applications of FEM Analysis on WRC Structure

地震応答解析に基づく耐震設計資料の取得

Information collecting of seismic design based on Seismic response analysis

国内外地震災害調査

Disaster investigation after earthquake in Japan and all over the world

実建物の振動観測

Vibration observation of existing buildings

本山寺五重塔の耐震性能の評価

Assessment of seismic performance of the Gojyuto in the Motoyama-ji

新しい耐震補強方法の開発

development of new Seismic strengthening method

先生の紹介(PROFILE)

東京大学地震研究所 災害科学系研究部門 准教授

KUSUNOKI Koichi ; Associate Professor (ERI)

研究キーワード: 鉄筋コンクリート構造 耐震構造 構造物ヘルスモニタリング

Earthquake Engineering, Reinforced Concrete, Structural Health Monitoring, Seismic Design, Field Survey

1997年東京大学大学院博士課程修了。東京大学生産技術研究所の助手、国土交通省建築研究所の研究員を経て、2000年には独立行政法人建築研究所主任研究員に就任。米国カリフォルニア大学サンディエゴ校に1年間派遣された後、2006年に横浜国立大学大学院に異動、工学研究院准教授となる。2014年より東京大学地震研究所の災害科学系研究部門に所属、現在に至る。主な研究テーマは、構造物のヘルスモニタリング、鉄筋コンクリート系構造の構造性能に関する実験的研究、地震被災地域の被害調査など。

In our laboratory, experimental and analytical studies on seismic behavior of buildings, mainly reinforced concrete buildings are conducted. Static loading tests to investigate behaviors of structural members such as columns and beams, and dynamic or pseudo-dynamic loading tests are conducted to investigate dynamic behavior of whole structures. Several selected buildings are instrumented to measure their real vibration and to develop a structural health-monitoring system with the recorded data. Main topics of our laboratory are listed as below;

Custom Image

1997年東京大学大学院博士課程修了。東京大学生産技術研究所の助手、国土交通省建築研究所の研究員を経て、2000年には独立行政法人建築研究所主任研究員に就任。米国カリフォルニア大学サンディエゴ校に1年間派遣された後、2006年に横浜国立大学大学院に異動、工学研究院准教授となる。2014年より東京大学地震研究所の災害科学系研究部門に所属、現在に至る。主な研究テーマは、構造物のヘルスモニタリング、鉄筋コンクリート系構造の構造性能に関する実験的研究、地震被災地域の被害調査など。


・Development of a new structural health-monitoring system

・Development and improvement of a performance-based seismic design methodology

・Renovation technique for existing old buildings

・Seismic behavior of reinforced and un-reinforced masonry buildings

・Seismic evaluation of wall type buildings

 

CONTACT US

YOU HAVE ANYTHING WANT TO CONTACT US

PLEASE KINDLY SEND EMAIL TO US

WE ARE WAITING FOR YOU

kusunoki@eri.u-tokyo.ac.jp

tips: If you want to submit a research student of our lab, you can just check some details there

 

東京大学工学系研究科

東京大学建築専攻ホームページ