平成18年度共同利用一覧
◆ 特定共同研究(A)  
(研究期間:平成18年4月1日−平成19年3月31日)
(地震予知、火山噴火予知計画等のプロジェクトへの、全国の研究者の参加支援)
課題番号
代表者名
所属機関
担当教員
Project 名
報告書
2006-A-01
深尾良夫
海洋研究 開発機構
歌田久司
地球深部の構造とダイナミクス
2006-A-02
歌田久司
地震研
歌田久司
海底ケーブルネットワークによる地球物理学的研究
2006-A-03
加藤照之
地震研
加藤照之
GPSによる総合的観測研究
2006-A-04
飯尾能久
京大防災研
加藤尚之
日本列島周辺域の応力場・ひずみ場に関する研究
2006-A-05
大久保修平
地震研
大久保修平
サブダクション・ゾーン陸側の重力変化の追跡
2006-A-06
金沢敏彦
地震研
金沢敏彦
 篠原雅尚
海域部総合観測によるプレート境界域におけるひずみ・応力集中機構の解明
2006-A-07
上嶋 誠
地震研
上嶋 誠
マルチスケール比抵抗構造探査
2006-A-08
岩崎貴哉
 飯高 隆
地震研
岩崎貴哉
 飯高 隆
総合集中観測による内陸域の歪・応力蓄積集中過程の解明
2006-A-9
佐藤比呂志
地震研
佐藤比呂志
反射法地震探査による活断層の地下構造と長期間地殻変動
2006-A-10
佃 爲成
地震研
佃 爲成
内陸直下地震の予知
2006-A-11
茂木 透
北大院理
上嶋 誠
地殻活動に関連する電磁気観測
2006-A-12
島崎邦彦
地震研
島崎邦彦
古地震
2006-A-13
纐纈一起
地震研
古村孝志
 山中佳子
地震破壊過程と強震動
2006-A-14
吉田真吾
地震研
吉田真吾
地震発生の素過程
2006-A-15
加藤尚之
地震研
加藤尚之
地殻活動予測シミュレーション
2006-A-16
笠原敬司
防災科研
卜部 卓
  鷹野 澄 
地殻活動モニタリング手法の高度化
2006-A-17
海野徳仁
東北大院理
 鷹野 澄
佃 爲成
地殻活動総合データベースの開発
2006-A-18
藤本博巳
東北大院理
佐野 修
新たな観測・実験技術の開発
2006-A-19
渡辺秀文
地震研
森田裕一
火山体構造探査
2006-A-20
渡辺秀文
地震研
渡辺秀文
特定火山集中総合観測
2006-A-22
梅田康弘
京大防災研
佐藤比呂志
大都市圏地殻構造調査研究・大深度弾性波探査(1)制御震源探査
2006-A-23
笠原敬司
防災科研
平田 直
大都市圏地殻構造調査研究・大深度弾性波探査(2)自然地震探査
2006-A-24
伊藤谷生
千葉大理
佐藤比呂志
大都市圏地殻構造調査研究・断層モデル等の構築(1)内陸活断層モデル化の研究
2006-A-25
纐纈一起
地震研
纐纈一起
大都市圏地殻構造調査研究・断層モデル等の構築(2)プレート間地震モデル化の研究
2006-A-26
井出 哲
東大院理
宮武 隆
大都市圏地殻構造調査研究・断層モデル等の構築(3)動的モデルパラメータの研究
2006-A-27
山中浩明
東工大総合理工
古村孝志
大都市圏地殻構造調査研究・断層モデル等の構築(4)地下構造モデル化の研究