平成18年度共同利用一覧

◆ 特定共同研究(B)  
(研究期間:平成18年4月1日−平成19年3月31日)

(全国的な規模のグループが実施する、 地震予知・噴火予知計画等の
事業費に基づかないプロジェクトで将来事業化を目指す計画)

課題番号
新規・継続・最終年度の別
代表者名
所属機関
担当教員
研究課題
報告書
2005-B-01
継続
鍵山恒臣
京大・院理
森田裕一
カルデラの構造と活動そして現在−Out of rangeへの挑戦
2006-B-01
新規
大島弘光
北大・院理
森田裕一
新世代無線通信データ伝送システムの開発
2006-B-03
新規
平原和朗
京大・院理
川勝均
鶴岡弘
日本列島標準三次元構造モデルの構築
2006-B-04
新規
新谷昌人
地震研
新谷昌人
地下深部における高精度観測・精密計測
2006-B-05
新規
田部井隆雄
高知大・理学
大久保修平
フィリピン海プレート北端部の運動モデルの構築
2006-B-06 新規 金子隆之 地震研 青木陽介
古屋正人
衛星リモートセンシングによる火山活動の解析
2006-B-07 新規 本多嘉明 千葉大・環境リモートセンシング 安田敦 火口近傍の監視・計測プラットホームの開発
2006-B-08 新規 中川光弘 北大・院理 中田節也
吉本充宏
長期的火山活動評価の定量化
2006-B-09 新規 佐野雅己 東大・理学系 栗田敬 地球現象における不均質構造形成原理の探究
2006-B-10 新規 翠川三郎 東工大・総合理工 纐纈一起
鷹野澄
Seismic Kantoプロジェクトによる強震動総合研究の新展開