平成18年度共同利用一覧

◆ 研究集会 
(研究期間:平成18年4月1日−平成19年3月31日)
(全国の研究者が地震・火山関連分野のテーマについて集中的に討議する研究会。
開催場所は原則として地震研究所。)
課題番号
代表者名
所属機関
担当教員
研究集会名
開催予定日
2006-W-01
川崎一朗
京都大学防災研究所
加藤照之
地殻変動連続観測の未来 H18.6月中旬
2006-W-02
大村 誠
高知女子大・生活科学部・環境理学科
古屋正人
新世代の干渉SAR H18.10.5-10.6
2006-W-03
佐野 修
東京大学地震研究所
佐野 修
地殻応力の絶対量計測に関する研究集会 H19.3月8日−9日
2006-W-04
熊澤峰夫
名古屋大学、静岡大学・理学部
佐野 修
地殻深部の能動的監視観測の実用戦略とその基礎研究 H18.8-H19.2の間1-2日間の集会を2回予定
2006-W-05
千田 昇
大分大学教育福祉学部
島崎邦彦
地震・津波の地形地質学的研究の最前線 H19.1.13
2006-W-06
西上欽也
京都大学防災研究所 地震防災研究部門
山下輝夫
リソスフェアにおける短波長不均質構造の解明-地震発生場の構造特性の解明に向けて- H18.10.3-10.4

  平成17年度の研究集会はこちらから