噴火 その9

明治29年3月15日(1896.3.15)
午前八時十六分に爆発し、たまたま登山していたフランス海軍大主計リエール氏は、焼石に打たれて負傷し、案内人の吉松某は惨死した。[明治二十九年三月二十二日 大阪朝日新聞]

 

同 29年6月22日(1896.6.22)
夜十二時頃から鳴動し、降灰があった。[地質学雑誌]

 

同 29年6月26日(1896.6.26)
宮崎では前夜十二時頃少し鳴動し、今日午前一時過ぎには爆発音を聞いた。降灰があった。[明治二十九年六三二十日 大阪朝日新聞]

 

同 29年12月21日(1896.12.21)
去る十八日に噴火した霧島山は、二十一日午後一時十五分に再び爆発し、黒煙は東方向へなびき、都城付近の各村には降灰があった。[明治二十九年十二月二十九日 報知新聞]

 

同 30年5月3日(1897.5.3)
鳴動・噴煙を上げ、都城地方に降灰があった。茶葉および桑の木に多少の損害を与えた。[明治三十年五月十二日 東京朝日新聞]

 

同 30年6月25日(1897.6.25)
鹿児島では十二時頃、小雨に混じって微量の降灰があった。霧島山の火山灰を吹き送ってきたのだろう。[明治三十年六月二十七日 鹿児島新聞]

 

同 30年9月4日(1897.9.4)
午後八時に噴火が約十分間継続し、多少焼石を飛散させた。[明治三十年九月十七日 東京朝日新聞]

 

同 31年2月8日(1898.2.8)
午前一時に鳴動・噴煙を上げ、降灰があった。焼石が飛散した。同一時三十分頃、再び鳴動した。[明治三十一年二月十一日 鹿児島新聞]

 

同 31年3月11日(1898.3.11)
午後六時二十分頃に噴火・鳴動し、焼石を数町の範囲に飛散させた。震動はおよそ五分間だった。[震災予防調査会報告第二十九号]

 

午後七時に轟音を上げて爆発し、宮崎では戸障子が振動し、空は濛々として降灰があった。[明治三十一年三月二十日 佐賀自由新聞]

噴火 その10

明治31年12月26日から30日(1898.12.26~30)
十二月三十日の夜十一時頃、大きく鳴動し宮崎では降灰があった。あたかも雪が積もったようになった。数日前にも大きく鳴動したことがあった。[明治三十二年一月一日 宮崎新報]

 

松山市で十二月二十七日午前二時前後に、遠雷のような異様な音響が三回聞こえたが、北宇和郡明治村および吉野生村付近では、翌二十八日朝に山野の別なく一帯に灰が降っているのを発見した。[明治三十二年一月八日 松山市愛媛新聞]

 

高知市では十二月二十六日に降灰があった、・・・また十二月末から土佐国で数回の小地震(空振だろうか)を感じた。[明治三十二年一月八日 高知日報]

 

同 32年7月28日(1899.7.28)
午前一時三十分頃、遠雷のような鳴動が激しく、山麓の家屋は揺れた。黒煙を噴出した。[明治三十二年八月七日 東京朝日新聞]

 

同 32年9月12日(1899.9.12)
午前、鳴動し、宮崎に降灰があった。[明治三十二年九月十三日 時事新報]

 

同 32年10月13日(1899.10.13)
午前三時五分頃、鳴動し火煙を噴出した。黒煙は次第に東方向に向かって消え散り、鳴動は巨大な砲声のようで、次第に遠雷のようになり、約二分間継続した。[明治三十二年十月十五日 宮崎新報]

 

同 32年11月7日(1899.11.7)
朝、鳴動し、宮崎に降灰があった。[明治三十二年十一月八日 大阪毎日新聞]

 

同 33年2月16日(1900.2.16)
午前九時頃に噴火した。当時狩猟のために飼い犬七頭を引き連れて、霧島山西南山腹の字大尾ノ谷というところにやって来た五名の者はこの爆発に遭遇し、五名とも重傷を被り、内二名は後で死亡した。同所は噴火口からわずか八百間から千間の距離である。[明治三十三年二月二十四日 鹿児島新聞]

 

同 36年8月29日(1903.8.29)
爆発し、加久藤では強い鳴動を聞いた。[明治三十六年九月一日 九州日々新聞]

 

同 36年11月25日(1903.11.25)
午後八時二十五分頃に爆発した。宮崎町でも家屋が振動した。 [明治三十六年十一月二十七日 大阪毎日新聞]

 

今回の噴火は西岳村字牛ノ臑、馬渡、尾首山等におびただしく灰および砂礫を降らせ、牛ノ臑地内には拳大の焼石もあった。[明治三十六年十一月二十九日 鹿児島新聞]

噴火 その11

大正2年11月8日(1913.11.8)
大正二年五月十九日午前四時二十分頃、西諸県郡加久藤村で地震を感じ、引き続いて九月一日までに加久藤、真幸で百七十五回の地震が起きた。その後十月十七日から十九日までの三日間に三回の強震が起こったが、十一月八日午後十一時頃にいたって、ついに霧島山の爆発となった。焼石を噴出した。狭野(高原村)、西麓(高原村)、小林では遠雷のような音響を聞き、少し降灰があった。野尻、飯野では音響はあったが降灰はなかった。加久藤では音響とともに、噴火口上に火柱が見られた。少し降灰した。真幸は異常なかった。
加久藤および真幸では、翌九日午前三時四十分頃に強震一回、十日午前一時三十分頃に微弱震一回を感じた。[宮崎測候所報告による]

 

同  2年12月9日(1913.12.9)
午前四時十五分頃に爆発し、降灰は宮崎にまで及んだが、強い音を聞き震動があったのは都城以西の山麓に近い区域に限られ、宮崎では降灰も注意しない者は分からず、熟睡していた者は音響を聞かなかった。高原では大砲のような音響があり、激烈な震動が起きた。山上は火の塊に充たされ、三十分後に村の南西部落に微量の降灰があった。狭野では大きな爆発音を聞いたが、降灰はなかった。噴出した大小の火石は高千穂峰およびその山腹に撒き散らされ、星のような光を放っていた。西岳村字中ノ山付近には、周囲四・五寸の火石が降った。
本年二回の噴火は、去る明治三十六年十一月二十五日の爆発に比べて、著しく軽微だった。[宮崎測候所報告による]

 

同 3年1月8日(1914.1.8)
午前二時二十分頃、爆発した。宮崎では前回に比べて、爆発音が比較的強く、やや長くて約二十秒に達した。戸障子が震動したが、降灰はなかった。山麓の北諸県郡西岳村字牛臑方面では、栗の実大の噴石を降らし、御池から西方向の噴火口にやや近い小字赤道の一部落は、屋根の上に落下する音が轟々としたが荒襲方面には砂・灰ともに降らなかった。空振が波及しなかったのは日向国極北部の三田井、延岡方面で、爆発音は南方向全部から児湯郡全部に達し、田野、都城、鹿児島県姶良郡東襲山村には降灰があった。[同上]

 

曽於郡(そおぐん)、襲山(そのやま)、性空(しょうくう)、笈掛岳(おいかけだけ)、都濃(つの)、益貫(ますのき)、火常峯(ひとこみね)、脊門丘(せとお)、花堂(はなんどう)、松八重川(まつばえがわ)、東霧島(つまきりしま)、高原(たかはる)、高城(たかじょう)、穆佐(むかさ)、諸県郡(もろかたぐん)、蒲牟田(かまむた)、祓川(はらいかわ)、飫肥(おび)、
明治村(あけはるむら)、吉野生村(よしのぶむら)、牛臑(うしのすね)、加久藤(かくとう)、馬渡(まわたり)、真幸(まさき)、荒襲(あらそ)、児湯郡(こゆぐん)、姶良郡(あいらぐん)

南極にもあります

日本の昭和基地もそうですが,長く閉ざされた冬を越す南極の基地にはバーがあります.マクマード基地は南極最大の基地だけあって,3店舗もバーがあります.古くからあるバーはコルゲートの建物を改装したもので,味わいがあってなかなか良い雰囲気です.

20091207-1

立ち入り禁止

20091207-2

南極には南極条約や批准各国の関連法で定められた保護地域があり,動植物や砂礫の採取はもちろん立ち入りも厳しく制限されています.これを遵守することは,人間の影響を可能な限り排除してありのままの自然を守るために,南極を訪れる全ての人々に課せられた義務です.

食堂その1

午前中に1902年にスコットが建てた小屋の内部を見学する機会がありました.僅かな補修はされているものの,100年間も南極の暴風雪に曝された木造建築とは思えないほどしっかりしていました.

20091208-1

ここは,1901-1904年のDiscovery Expeditionの際,1902年にスコットが建てた小屋の食堂です.以前は自由に見学出来たらしいのですが,南極遺産保護のため10年ほど前に鍵が掛けられました.今回,見学する機会が設けられたので同行しました.内部はそのままの状態で保存されており,食糧兼燃料として捕獲したアザラシが積まれたままになっていた.1902年以後も何度となく利用されたせいか,煤と油脂の臭いが染みついていました.