「みんなで翻刻」がLibrary of the Yearを受賞

古文書史料の市民参加型翻刻プラットフォーム「みんなで翻刻」(「みんなで翻刻」は、国立歴史民俗博物館・京都大学古地震研究会・東京大学地震研究所のメンバーを中心に開発が進められています)が、Library of the Year 2020を受賞しました。

原田智也 元地震研特任助教、佐竹健治 教授、古村孝志 教授、室谷 智子 外来研究員の論文が2019年度日本地震工学会 論文賞を受賞

原田智也 (執筆当時地震研特任助教)、佐竹健治 教授、古村孝志 教授、室谷 智子外来研究員の論文が、2019年度日本地震工学会 論文賞を受賞しました。

対象業績:1945 年三河地震(M6.8)の震度分布:発生直後
に行われたアンケート調査資料の再検討

■受賞理由
本論文は、1945年三河地震(M6.8)直後に東京大学地震研究所が実施したアンケート調査の貴重な元資料である調査票を再調査し、河角震度階級によりそれらを整理したものである。津村(2010)により発見されたアンケート票174枚のうち、震度が評価できない25回答を除いた調査票149枚を用い、既往のデータ整理や評価法に基づく丁寧な分析がなされている。中央気象台(1952)は、122点の旧震度階による震度を報告しているが、震源のある愛知県では震度IVが1点報告されているのみで、また、周辺の静岡県、三重県、滋賀県でも数地点の震度が明らかになっているのみで、震源域近傍や震源域と比較的近い地域における震度分布の特徴は不明であった。本論文では、アンケート調査票の分析の結果、震源近傍域(愛知県形原町・幡豆町)の震度、名古屋市とその北西部といった濃尾平野の震度の分布を明らかにしている。これに加えて、断層の特性や周期特性等も併せて考察しており、三河地震に関する様々な事象を知る意味でも価値の高い資料であると言える。分析結果の信頼性は高く、また相対的な震度の大小が明らかにされたことは当該地域の地震想定等に対する有用性も有していると言える。以上要するに、本論文は、信頼性・有用性の面で極めて高い水準にあると評価されることから、本会論文賞に相応しいものと判断した。

【共同プレスリリース】木下教授らの共同研究の成果がJAMSTECより共同プレスリリースされました

海掘削により室戸岬沖の海底下生命圏の実態とその温度限界を解明について、JAMSTECよりプレスリリースがされました。

共同プレスリリース資料(PDF):深海掘削により室戸岬沖の海底下生命圏の実態とその温度限界を解明

柴田 勇吾(修士課程1年)が2020年度日本地震学会学生優秀発表賞を受賞

柴田 勇吾(修士課程1年)が、2020年度日本地震学会学生優秀発表賞を受賞しました。

対象発表:「データ同化を導入した地震波逆伝播計算による地震断層すべり分布推定の数値実験」

上田 拓(博士課程2年)が2020年度日本地震学会学生優秀発表賞を受賞

上田 拓(博士課程2年)が、2020年度日本地震学会学生優秀発表賞を受賞しました。

対象発表:GNSS変位から推定される地下での応力変化と地震活動の季節変動性

川勝 均 教授 アメリカ科学振興協会AAAS Fellowに選出

川勝 均 教授が、American Association for the Advancement of Science(アメリカ科学振興協会)によるAAAS Fellowに選出されました。

受賞理由:In recognition of outstanding research, innovation, project management and service to the community in seismology, geophysics and technology.

AAAS Fellowについて:AAAS Fellows are a distinguished cadre of scientists, engineers and innovators who have been recognized for their achievements across disciplines, from research, teaching, and technology, to administration in academia, industry and government, to excellence in communicating and interpreting science to the public. (Cited from: https://www.aaas.org/fellows)

例年、ワシントンにある本部で開催される大会にて授賞式は、2021年はオンラインでの開催がアナウンスされています。

【英文プレスリリース】”Competition to simulate building resilience”

楠 浩一 教授・YEOW Trevor特任研究員らによる、耐震実験について、英文プレスリリースされました。

Competition to simulate building resilience -The Earthquake Research Institute ran a building damage prediction competition-”

 
UTokyo Focus:https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/articles/z0508_00104.html

森田 裕一 教授 防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞

森田 裕一 教授が、令和2年防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました。

防災功労者内閣総理大臣表彰は、『「防災の日」及び「防災週間」について』(昭和 57 年 5 月 11 日閣議了解)に基づき、災害時における人命救助や被害の拡大防止等の防災活動の実施、平時 における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認めら れる団体又は個人を対象として表彰するものです。 (「内閣府防災情報のページ」より引用)