東京大学

2008年8月19日


前野助教 George Walker Award を受賞


8月19日にアイスランド・レイキャビク市において開催された国際火山学及び地球内部化学協会(IAVCEI)総会で、火山噴火予知研究推進センターの前野深助教がGeorge Walker Awardを受賞しました。この賞は、博士課程修了後5年以内に火山学に関して秀でた成果を収めた研究者に授与されるもので、4年ごとに開かれるIAVCEI総会で受賞式が開かれます。今回は前野助教を含め2名に、IAVCEIの中田節也会長(地震研究所教授)より同賞が手渡されました。

前野助教は、南九州の鬼界カルデラを対象とした火山地質学に関する優れた研究を行い、地質学的研究と数値解析的研究を組み合わせて、カルデラ噴火のダイナミクス(時間スケール、カルデラ崩壊過程)を定量的に明らかにしました。7300年前の鬼界カルデラ噴火は、関東地方にも10cmの火山灰を積もらせ、南九州の縄文文化を壊滅させたと考えられています。なお、前野助教は2008年5月に日本火山学会研究奨励賞も受賞しています。



写真 受賞記念講演を行う前野助教(松島健氏撮影)



写真 George Walker Awardの賞状