東京大学地震研究所 阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)10周年事業

特別公開講座

地震研究のこれまでの10年 これからの10年

−阪神・淡路大震災後 地震研究所は何を明らかにしてきたか−


東京大学地震研究所では,阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の10周年の節目にあたり,これまでの10年間に地震研究がどのような成果をあげてきたか,今後の研究をどのように展開していくかについて広く知っていただくために,特別公開講座を開催しました.

この特別公開講座には10代から70代までの幅広い年齢層から,325人の方々にご参加いただきました.

当日の講座の様子などについて順次ホームページに掲載します.


<日 時> 平成17年1月8日(土)午後1時30分から

<場 所> 東京大学駒場Jキャンパス 講堂(900番教室)

会場入り口 受付 受付
会場入り口 受付 325人に上る参加者


<プログラム>

開会挨拶: 13:30〜13:35 東京大学副学長     藤井敏嗣教授

藤井副学長
ビデオはこちら (約8分)

基調講演: 13:35〜13:50

阪神・淡路大震災で与えられた地震学上の教訓・課題

   地震研究所 所長 山下輝夫教授

山下教授

ビデオはこちら (約17分)

スライド資料はこちら(PDF)


第1部 : 13:50〜14:40

地震はどこまでわかるようになったか

   地震研究所地球流動破壊部門 島崎邦彦教授

島崎教授島崎教授まとめ

ビデオはこちら (約47分)

スライド資料はこちら(PDF)


第2部 : 15:00〜15:50

強震動−地震災害の軽減のための基礎的な情報

   地震研究所地震火山災害部門 纐纈一起教授

纐纈教授纐纈教授まとめ

ビデオはこちら (約54分)

スライド資料はこちら(PDF)


このページ以下の内容を全てご覧いただくにはAcrobatReaderおよびRealPlayerが必要です.ソフトウェアをお持ちでない方はそれぞれのマークをクリックしてソフトウェアをダウンロードしてください.

<問合せ先>

東京大学地震研究所アウトリーチ推進室
電話・FAX 03-5841--5643