地震火山噴火予知研究推進センター

センター紹介

当センターは,平成6年6月に行われた地震研究所の組織改編に際し,全国の大学が協力して 実施する地震予知に関する基礎研究、共同研究プロジェクト及び国際共同研究を推進する目的で 「地震予知研究推進センター」が設立されたことに始まる.
平成18年に,共通の地球科学の背景を持つ地震予知研究と火山噴火予知研究を協調させながら推進するために,全国の大学の地震予知研究の協議機関である地震予知研究協議会と,火山噴火予知研究の協議機関である火山噴火予知研究協議会が統合されて地震・火山噴火予知研究協議会が設立されのを機に,両予知研究の推進のために,地震火山噴火予知研究推進センターとなった.
地震及び火山噴火予知研究は,全国の大学及び研究機関が5ヶ年の研究計画に基づき実施するもので,その計画内容は「地震及び火山噴火予知のための観測研究の推進について」(平成20年7月17日,以下「建議」)
(http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/07/08071504.htm)に基づいて実施されている.

最新情報

◆ 最新情報 平成21年度地震火山噴火予知のための観測研究成果報告シンポジウムが開催されました.
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/YOTIKYO/nenji/symposium_h21.html
◆ 平成20年度成果報告書が作成されました.
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu6/sonota/1288311.htm

メンバー

加藤尚之 教授 地震発生物理学
森田裕一 教授 地震火山噴火予測学
吉田真吾 教授・センター長 実験地震学 個人HP
渡辺俊樹 教授 物理探査, 地震波動 個人HP
飯高隆 准教授 地殻構造論 個人HP
青木陽介 助教 火山体構造論・測地学
五十嵐俊博 助教 観測地震学・地震活動論