地震調査委員会

国としての評価


地震調査研究の推進体制

(地震防災対策特別措置法(平成7年))




 

  地震に関する調査結果を収集・整理・分析して、総合的な評価を行う。
  阪神大震災を契機に、地震対策特別措置法により1995年に設置された。
  政府の地震調査研究推進本部のなかに設置されている。
  委員は、関係行政機関の職員と学識経験者のうちから、内閣総理大臣    が任命する。現員12名。
  地震に関する調査結果などの収集を気象庁長官へ要請できる。
  現状評価長期評価に関わる調査結果は、国として広報される。


はじめへ