判定会


東海地震の直前予知






 

  気象庁長官の任務遂行のため、大規模な地震の発生の    おそれについて検討する。
  気象庁長官の私的諮問機関として、1979年に発足した。
  学識経験者から、気象庁長官が委嘱する。
  通称は「判定会」であるが、正式名称は「地震防災対策    強化地域判定会」である。現員6名。


はじめへ