本文へスキップ

新しい視点で地震の発生過程を研究する

  

  東京大学地震研究所 加藤愛太郎 研究室

Motivations

地震はなぜ起きるのか?、地震が起きる仕組みとは?、という素朴な疑問を常に抱きながら地震の研究を続けています。

 地震とは、震源域に蓄積されたひずみエネルギーを断層の滑り(すべり)運動により解放する現象です。通常の地震では、断層が高速に滑り(1秒間に約1mの滑り)地震波を放射することで地表が揺れます。地震のマグニチュード(M)が大きいほど、地震波の揺れの強さは大きくなります。近年、ゆっくり滑りと呼ばれる、ゆっくりと断層が動いて地震波を放射しないでエネルギーを解放する特異な現象が世界中で見つかりました。そして、プレート境界の断層では、ゆっくり滑りと高速な滑りの両方が起きていて、お互いに影響を及ぼしあうことで複雑な滑り現象が起きていると考えられています。

 私は、国内外で発生した大きな地震の前に観測された地震活動(前震活動)の解析・研究を進めています。例えば、2011年東北地方太平洋沖地震(M9.0)2014年チリ北部地震(M8.2)の発生前には、地震活動の移動を検出し、本震の震源近傍でゆっくり滑りがプレート境界面上で起きていたことを示唆する結果を得ました。その他の大きな地震の震源近傍でも、地震の発生前にゆっくり滑りが起きていたことを示唆する事例をいくつか発見しています。これらの前震活動には、活発なものから極めて低調なものまで幅広い多様性が見られ、複雑な様相を呈します。どのようにしてこのような多様性が生じるのか、ゆっくり滑りが地震発生にどのように関与しているのか、といった着眼点で研究に取り組んでいます。


東京大学地震研究所

〒113-0032
東京都文京区弥生1−1−1