Takeshi Akuhara, PhD

Assistant Professor
Earthquake Research Institute, The University of Tokyo

研究内容

―海底地震計を用いた地震・地下構造の研究とデータ処理手法の開発―

地震とは、地中にある断層がプレートテクトニクス等による外力(引っ張る力や押す力)を受けて滑る運動のことを指します。この時に生じるエネルギーの一部は弾性波エネルギーとして地中を伝播します。この波が地表に到達すると、地震動(つまり、普段私たちが体験する地面の揺れ)として観測されます。

地震学という学問分野では、地震計で記録された地震動をデータとして扱います。記録された地震波形から、震源の断層運動に関する情報や、地球内部の構造を読み取ることができます。現在日本には、数百点に及ぶ大規模な地震観測点が展開されており、日本列島の下に沈み込む海洋プレートの詳細な形状や、地震の発生場所がわかるようになってきました

しかしながら、日本で起こる巨大地震の多くは海域に位置する沈み込み帯で発生するので、巨大地震のメカニズムや発生場を理解するためには、海底に地震計を設置する必要があります。東京大学地震研究所では、高品質なデータを記録できる海底地震計が、長年に渡って開発されてきました。海底地震計で記録されたデータを解析することで、海域の地下構造や地震発生メカニズムを明らかにすることが可能になります。

地震波形データからいかに効率よく情報を引き出すか、というのも地震学の大きなテーマです。古典的な地震学では、連続的に観測された地震動記録から、地震波が到達する時刻を読み取り、その読み取り時刻のみをデータとして解析に用いていました。近年では、コンピュータの処理能力の向上にともない、地震波形全体をデータとして解析を行えるようになりました。海底地震計の記録では、陸上の記録と異なり、柔らかい海底の堆積物や、海水中で多重に反射される地震波がノイズとして混入します。これらの影響を取り除く信号処理手法の開発が重要です。

Keywords

  • 沈み込み帯
  • 背弧海盆
  • 海底地震計
  • レシーバ関数解析
  • トモグラフィ解析
  • ベイズ推定
  • ブラインド・デコンボリューション

Links

made with  Pingendo logo