直線上に配置

トップ アイコン
トップページヘもどる

直線上に配置
活断層で発生する内陸地震の解明のための研究

GPSの調査から新潟から神戸にかけて新潟−神戸歪集中帯
という,地殻が歪む速度の大きい場所が発見されました。
この歪集中帯では,過去に大きな地震が多数発生しています。
跡津川断層は,その新潟−神戸歪集中帯の中に存在します。
現在,この跡津川断層を調べることによって内陸地震の解明
に取り組んでいます。
プレート境界地震発生の場

‐巨大な地震を発生させるプレート境界地震の解明のための研究‐

関東地震,東海地震,南海道地震,東南海地震と
プレート境界地震は,周期的に巨大な地震を発生させてきました。
また,これからも発生します。
そこで,このプレート境界地震に注目し,
プレート境界地震発生のメカニズムの研究を行っています。

【地震発生の場の研究】