小原研究室

メンバー

前田拓人(助教)

「複雑な観測記録からいかに多くの情報を取り出すか」をテーマに,地震と津波の波動伝播の研究をしています.大規模数値計算とそれを活用した波形解析手法の考案や,津波の即時予測手法開発も手がけています.議論好きなひと,一緒に研究しましょう.[個人WEB]

竹尾明子(助教)

スロー地震はどこで,どのように起こっているのか.広帯域地震計による観測,震源過程や地下構造の解析を中心に研究を行っています.今の一番の興味はスロー地震と通常の地震の本質的な違いは何か,ということです.[個人WEB]

加納将行(PD)

微動カタログやGNSSデータを用いてスロー地震発生場の物理特性の解明を目指しています.またスロー地震の予測手法・地震波動場推定手法の開発のほか,南西諸島におけるGNSS観測なども行っています.

栗原亮(博士課程1年)

遠地地震による誘発微動について研究しています.現在の研究内容は誘発微動の震源位置を精度よく求めることです.そこから微動のメカニズムや発生条件についてさらなる理解を得ることが目標です.今後は火山の近傍で発生している低周波地震についての研究も行っていく予定です.

金谷希美(修士課程2年)

地下の不均質構造によって生じる地震波の散乱現象について研究しています.観測波形の解析だけでなく,地下構造モデルに改良を加え,波動伝播のシミュレーションも行なっています.プレート内の不均質な構造の理解を深めることが目標です.

馬場慧(修士課程1年)

スロー地震に興味を持ち,現在はスロー地震の一種である深部超低周波地震と呼ばれる地震活動について研究しています.深部超低周波地震活動の経年的な変化を調べることを目標にしています.

疋田朗(修士課程1年)

スロー地震の一種である低周波微動を検出することで,微動クラスタ内における空間的不均一性を明らかにする研究をしています.この研究室では地震に関する様々なトピックに触れる機会があるので,広い視野で研究をしたい人にお勧めです.

 

OB/OG

案浦理(2013-2015年 修士・博士課程、現・気象庁)

私の現在の研究テーマは西南日本の深部低周波微動のモニタリング手法の改良・開発です.深部低周波微動は想定される南海トラフ巨大地震の発生領域に隣接する領域で発生するイベントであるため,巨大地震発生のメカニズムの解明に大きな役割を果たす可能性があります.

 

Chastity Aiken (2014-2015年 PD、現・テキサス大)

地熱地帯の誘発微動について研究を行いました.

 

武村俊介 (2015年 PD、現・防災科学技術研究所)

深発地震の発生場を理解するため,波動伝播シミュレーションによる検証を行いました.

 

高木涼太 (2014年 PD、現・東北大)

スロー地震についての地殻変動記録の解析、及び、地震波干渉法による日本列島の揺れの解析を行いました.

 

Kevin Chao (2012-2014年 特別研究員、現・ノースウェスタン大)

My research focuses on exploring the fundamental questions of deep non-volcanic tremor. I have conducted innovative investigation into identifying triggered tremor and ambient tremor.

(和訳)研究テーマは深部低周波微動における基本的問題の解明です.表面波による誘発微動や自然発生微動の検出技術開発に取り組んでいます.