瀬野 徹三 せの てつぞう
東京大学地震研究所 (113-0032文京区弥生1-1-1, seno*eri.u-tokyo.ac.jp; replace * by atmark)

数理系研究部門教授

北海道美瑛の丘にて(05年10月,福田則夫氏写す)

 
伊豆半島デタッチメント仮説
伊豆半島は本州に対して足柄付近で衝突している.これ以上潜り込めなくなると上部地殻がはがれてもっと南に境界がジャンプする.その過程で伊豆半島の下には水平に広がった断層(デタッチメント)ができることになる.2000年神津-三宅の岩脈貫入事件,その後に起こった東海-中部日本の広域異常地殻変動は,このデタッチメントの運動が関係していると考えている.11月8-9日には神奈川県温泉地学研究所で伊豆の衝突のシンポジウムが開かれた.

瀬野個人情報

Number of visitors since Oct. 24, '99

英語版(English)


目的と理念

研究内容

印刷・投稿中の論文のPDFファイル

論文リスト

講義

講演・セミナー・学会発表

最近主催したシンポジウム

著書

大学院生・研究生・国内外国旅行

大学受験生のみなさんへ 地球科学を志す人に勧める本

用語解説(関東地震の再来周期,直下型地震,津波地震,地震三兄弟,アスペリティ,バリア−侵食)

「関東地方下の地震」

リンク