変な方向にすべった例1

Photo 6-1 光復新村の運動場のトラック ここに出現した断層の走向は北西である.トラックを南西側からみて左側.ラインは左ずれを示す. Photo 6-2 運動場のトラックを南西からみて右側.ラインは右ずれを示す.

 

断層の走向は北西なので断層上盤側は南西側!に押し出されている.大槻氏の測定によれば,縦ずれ1.7 m横ずれ2mである.NHKテレビで大田陽子氏が解説しておられた時はマーカーはほとんどずれていなかったと思うが,現在は明らかに数10 cmは横ずれしており,当時から上盤側がずり落ちた可能性がある. 本来北西走向の地震断層であれば,左横ずれとなるはずである.直交方向へののし上げは,上盤側があたかも流体のごとく振る舞い,北東走向の前線で衝突して方向を変えたとすれば理解できる.このような北西走向の断層部分はかなりあり,そこでも逆断層運動がおきているようなので,ここと同じような変な方向への運動が期待できる.