地球シミュレータ利用プロジェクト「火山ダイナミクスの数値シミュレーション」研究集会

2007.11.29 東京大学地震研究所 第2会議室

企画:小屋口 剛博(地震研究所)鈴木 雄治郎(海洋研究開発機構)
司会:鈴木 雄治郎(海洋研究開発機構)

プログラム(敬称略)
「火山噴火による爆風と火砕サージの数値摸擬」
斎藤 務(室蘭工大)

「三次元固気混相流体の数値計算」
佐波 瑞恵(室蘭工業大学)

「防災機関における火山シミュレーションの取り組み」
石峯 康浩(防災科学技術研究所)

「大気モデルにおける乱流混合の表現」
小高 正嗣(北海道大学)

「超水滴法による粒子流体連成シミュレーションの可能性について」
草野 完也(海洋研究開発機構)

「火山噴煙の3次元シミュレーション ピナツボ1991年噴火への適用」
鈴木 雄治郎(海洋研究開発機構)

「爆発噴煙の映像観測とアーカイブ」
木下 紀正(鹿児島大学)

「乱流状態の噴煙中の固体粒子の懸濁モデルに関する観測からの制約条件」
小屋口 剛博(地震研究所)

謝辞:本研究集会は、東京大学地震研究所共同研究プログラムの援助を受けました。


[Home] 「火山のおもちゃ箱」