東京大学 地震火山史料連携研究機構(地震研究所・史料編纂所)

 

研究成果

学会発表

Title: Development of historical earthquake and volcanic activity database using historical diaries
Authors: Akihito Nishiyama, Masaharu Ebara, Akihiko Katagiri, Yusuke Oishi, and Kenji Satake
Conference: IAG-IASPEI 2017 joint assembly, July 30 - August 4, 2017 Kobe, Japan

論文

杉森玲子,島津家文書「江戸大地震之図」および近衛家旧蔵の同図様絵巻の史料的性格について,
東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信,第78号,2017年7月,P2~22.

発表

・佐藤孝之,加賀・能登の歴史地震と地震史料,石川県立図書館史料編さん室 講座「『加能史料』はいま」,2017年11月18日(土),石川県立図書館.
片桐昭彦・水野 嶺・西山昭仁,日記史料を活用した有感地震データベースの構築,第964回地震研究所談話会,2017年10月13日(金),東京大学地震研究所.
・佐藤孝之,新史料で読む安政大地震,2017年7月30日(日),公益財団法人東洋文庫.
・佐藤孝之,安政大地震と「地震ゆり状」,千葉古文書の会公開講座,2017年7月29日(土),千葉市民会館.

動画

日記史料に基づく有感地震の時空間分布図

当図では、4ヶ所で記された日記史料にある弘化四年(1847年)~安政三年(1856年)の有感地震の記録と、10ヶ所で記された日記史料にある安政元年(1854年)~安政三年(1856年)の有感地震の記録が表示されます。地図中で点滅する丸は有感地震の大きさを示しており、図の左側には有感地震の記録が表示されます。今後、日記史料の地点数と期間を順次増やしていく予定です。