国際研究集会:南海トラフ・日本海溝の海底・掘削研究による海溝型巨大地震過程とテクトニクス

主催: 科研費3課題(代表者:木村学、小平秀一、日野亮太)・東京大学地震研究所(世話人:木下)

日程:2016年 2月12日(金)〜14日(日)

場所:東大地震研1号館2階セミナー室


ポスター発表リスト


趣旨 南海トラフ・日本海溝における地震発生帯掘削や海底地震・測地・コア試料観測結果など基礎に、人類の生存や社会生活に多大なる影響を及ぼす、海溝型巨大地震発生メカニズムについて、国内外の地震学・地質学・測地学・熱水理学・地球化学等研究者による最新の成果発表や今後の展望に関する議論を行う。このため、現在平行して進行している科研費3課題との共同開催とし、研究の最前線の情報共有を行う。 研究者・学生の参加を広く歓迎する。