第945回地震研究所談話会開催のお知らせ

関 係 各 位


                       東京大学地震研究所長 
                                         小 原 一 成


 


        第945回地震研究所談話会開催のお知らせ


 下記のとおり地震研究所談話会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
 皆様のご来聴をお待ちしております。


 


                  記


日  時  平成28年1月22日(金)午後1時30分~ 
場  所  地震研究所 2号館5階第一会議室


 


1. 13:30-13:45
南アフリカ金鉱山地表下1kmで見つかった既存断層面上で発生する微小破壊活動 Ⅰ
〇直井 誠(京都大学),中谷 正生,森谷 祐一(東北大学),南アフリカ金鉱山における半制御地震発生実験研究グループ


 


2. 13:45-14:00
南アフリカ金鉱山地表下1kmで見つかった既存断層面上で発生する微小破壊活動 Ⅱ
〇直井 誠(京都大学),中谷 正生,森谷 祐一(東北大学),南アフリカ金鉱山における半制御地震発生実験研究グループ


 


3. 14:00-14:15
Neutrino Oscillation Tomography
〇Carsten Rott (Sung Kung Kwan University),Akimichi Taketa
SUMMARY:The unknown constituents of the interior of our home planet have provoked the human imagination and driven scientific exploration.In the near future it might be possible to determine the Earth’s chemical composition by combining observations from large neutrino detectors with seismic measurements of the Earth’s matter density and data from high pressure experiments.


 


4. 14:15-14:30
有限要素法を用いた大規模地震解析について
〇市村 強


 


○発表者  ※時間は質問時間を含む