◆ 研究集会(研究期間:平成22年4月1日−平成23年3月31日)
(全国の研究者が地震・火山関連分野のテーマについて集中的に討議する研究会。
開催場所は原則として地震研究所)
No. 代表者名 所属機関 担当教員 研究集会名 開 催
予定日
1 干場充之 気象研究所地震火山研究部第4研究室 束田進也 揺れる直前の地震動予測:さらなる迅速化と精度の向上 H22年11月〜12月の中の2日間
2 鈴木雄治郎 海洋研究開発機構地球内部変動研究センター 小屋口剛博 火山現象の数値計算研究 H22年10〜11月
3 竹下 徹 北海道大学理学研究院 岩崎貴哉 地殻ダイナミクスの総合的理解:地球物理学と物質科学の知見の総合 H22年7月15〜16日
4 村井芳夫 北海道大学大学院理学研究院 山下輝夫 リソスフェアの短波長不均質性のイメージングとモニタリングに関する研究の高度化−地震発生帯の構造の時空間変化の解明に向けて− H22年9月の2日間
5 小菅正裕 弘前大学大学院理工学研究科 飯高 隆 跡津川から濃尾へ:内陸合同観測の成果と展望 H22年4月中旬の2日間
6 木下正高 海洋研究開発機構地球内部ダイナミクス領域 山野 誠 海底および地下の流体移動をいかに検出するか:熱・電磁気・化学・湧出量測定の統合 H22年5月
7 大村 誠 高知女子大学生活科学部環境理学科 青木陽介 地震・火山活動と関連する災害のリモートセンシング H22年9月中旬(連続3日間)
8 松本 聡 九州大学大学院理学研究院附属島原地震火山観測研究センター 酒井慎一 新たな地殻活動観測の展開 H22年2日間