◆ 特定共同研究(A-2) (研究期間:平成22年4月1日−平成23年3月31日)
(地震予知、火山噴火予知計画等のプロジェクトへの、全国の研究者の参加支援)
No. 代表者名 所属機関 継続・
新規
プロジェクト名
A2-01 寺田暁彦 東工大・火山流体セ 継続 活動火口に形成された強酸性火口湖における温度モニタリング
A2-02 小川康雄 東工大・火山流体セ 継続 3次元比抵抗構造解析による東北日本弧側ひずみ集中帯の地殻内流体の不均質分布の解明
A2-03 和田恵治 北海道教育大旭川 継続 雌阿寒岳過去1000年間の噴火履歴と噴火推移予測
A2-04 伴 雅雄 山形大・理 継続 岩木山の噴火履歴とマグマ発達過程の解明に関する研究
A2-05 長濱裕幸 東北大・理 継続 地震発生先行過程に伴うラドン放出と地殻変形
A2-06 鴨川 仁 東京学芸大・物理 継続 衛星による地震関連電離圏擾乱の検証とメカニズムの解明
A2-07 加納靖之 京大防災研 継続 花崗岩のトランジェントな載荷・除荷に伴って生成される電場・磁場の観測
A2-08 山本 勲 岡山理科大 新規 地震に関連する大気擾乱の検証と発生メカニズムの検討
A2-09 植木貞人 東北大・地震火山セ 新規 火山水蒸気爆発機構解明の新展開
A2-10 川方裕則 立命館大学 継続 透過弾性波を用いた岩石破壊のイメージング
A2-11 増田俊明 静岡大・理 継続 マイクロアスペリティーでの力学現象の解明
A2-12 上田誠也 東大地震研
(名誉教授)
新規 臨界現象の概念に基づいた大地震前における臨界点の検知