◆ 一般共同研究(研究期間:平成25年4月1日−平成26年3月31日)
(所内外の研究者からなる少人数のグループで協力して進める共同研究)
No. 代表者名 所属機関 担当教員 研究課題
1 嶋野 岳人 富士常葉大学・大学院環境防災研究科 安田 敦 富士火山南西部に分布する噴出物の岩石学的検討に基づくマグマ変遷史の解明
2 藤 浩明 京都大学・理学研究科 歌田 久司 津波電磁場の数値シミュレーション結果と観測の比較
3 中川 光弘 北海道大学・大学院理学研究院 前野 深 有珠火山,先歴史時代噴火の活動履歴の解明
4 大藤 茂 富山大学・大学院理工学研究部(理学領域) 折橋 裕二 揺籃期の日本列島のテクトニクス:オルドビス〜シルル系中の砕屑性ジルコンからの検討
5 柴田 知之 京都大学・理学研究科附属地球熱学研究施設 中田 節也 富士火山、小御岳火山、先小御岳火山の地球化学的特徴の解明
6 金嶋 聰 九州大学・大学院理学研究院 川勝 均 阿蘇火口周辺の微小な状態変化のリアルタイムモニターに向けたシステム構築
7 齋藤 務 室蘭工業大学・工学研究科 小屋口 剛博 爆発的火山噴火における火口付近での噴流構造に関する研究(火口形状と火山ガスモデルの影響について)
8 山中 佳子 名古屋大学・大学院環境学研究科 竹内 希 DSMを用いた新しい震源解析手法による連動型地震メカニズムの解明
9 横瀬 久芳 熊本大学・大学院自然科学研究科 安田 敦 トカラ列島第四紀海底火山群の地球化学的解析
10 新正 裕尚 東京経済大学・経営学部 折橋 裕二 ジルコン年代学から見た四国海盆周辺のコア試料中の凝灰岩の起源
11 後藤 章夫 東北大学・東北アジア研究センター 平賀 岳彦 溶岩流試料の室内実験による粘性係数測定と,野外観測値との比較に基づく,溶岩流流動機構の解明
12 小野 重明 海洋研究開発機構・地球内部ダイナミクス領域 三部 賢治 高温高圧条件下における揮発性成分を含む鉱物の電気伝導度の測定
13 須田 直樹 広島大学・大学院理学研究科 鶴岡 弘 西南日本における超低周波地震の自動モニタリング手法の開発および比較
14 神田 径 東京工業大学・火山流体研究センター 小山 崇夫 地下構造調査による熱水・蒸気溜まりの実証的研究
15 橋本 明弘 気象庁・気象研究所 鈴木 雄治郎 気象予測モデルと3次元噴煙ダイナミクスモデルを統合した火山灰輸送モデルの開発に関する研究
16 鴨川 仁 東京学芸大学・教育学部 上嶋 誠 3.11東北太平洋沖地震後の電離圏擾乱から生じる地磁気・地電位差変動の研究
17 後藤 芳彦 室蘭工業大学・工学研究科 中田 節也 クッタラ火山日和山(ひよりやま)潜在ドームの火道掘削ボーリングコアを用いた火道域の実態解明:雲仙火山火道掘削コアとの比較
18 安間 了 筑波大学・生命環境系 折橋 裕二 中期中新世の西南日本外帯に生じた特異なマグマティズムのナゾを解明する
19 生田 領野 静岡大学・理学部 吉田 真吾 ACROSSとGPSを複合的に用いた地殻内応力状態の広域モニタリング手法の開発
20 田部井 隆雄 高知大学・教育研究部 加藤 照之 プレート沈み込み過程の急変部における地殻の変形様式
21 松島 健 九州大学・大学院理学研究院 及川 純 稠密GPS観測網を用いた三宅島の火山性地殻変動の研究
22 植田 勇人 弘前大学・教育学部 折橋 裕二 過去の非付加型沈み込み帯の認定と固体物質循環の解明:リサイクル型付加体の砕屑性ジルコンU-Pb年代の検討から
23 安東 淳一 広島大学・大学院理学研究科 中井 俊一 大理石岩体を破壊させた地殻流体の起源の解明
24 高嶋 礼詩 東北大学・学術資源研究公開センター 折橋 裕二 北海道,蝦夷層群における白亜系国際標準年代尺度の樹立
25 中村 仁美 東京工業大学・理工学研究科 中井 俊一 温泉水中の「極低含有量元素」の同位体分析と起源の特定
26 三好 雅也 福井大学・教育地域科学部 中井 俊一 九州第四紀火山岩類の同位体組成
27 上西 幸司 東京大学・大学院工学系研究科 亀 伸樹 不均質媒質中の地震破壊動力学の理論的・実験的研究
28 庄 建倉 統計数理研究所・モデリング研究系 鶴岡 弘 首都直下における地震活動に対応した3次元ETASモデルの開発