行事予定

お願い

一般の方へのお知らせ
これらの会議は研究者間の情報交換や学術的な成果発表のためのもので、 通常は一般の方には公開していません。 内容に関する問い合わせなどは企画部までお願いします(連絡先をご覧下さい)。
行事予定の連絡のお願い
部会、研究グループなどのミーティング、研究集会等を企画した際には 下記の内容を yotikikaku (企画部)宛にお送り下さい。

  • 日時:
  • 場所:
  • 連絡担当者:
  • 簡単な説明や連絡事項(任意、様式自由)
  • プログラムや報告、議事録等を掲載することもできます。企画部宛にお送り下さい。

令和4年度の会合

「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」令和4年度成果報告シンポジウム
  • 日時:令和5年(2023年)3月6日(月)〜8日(水)
  • 開催形態:開催方法の詳細につきましては今後検討し、ご案内いたします。
  • 連絡担当者:地震・火山噴火予知研究協議会企画部 yotikikaku@eri.u-tokyo.ac.jp(アットマークは半角英数字にしてください)

【オンライン開催】地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第16回:群発地震
  • 日時:2022年9月16日(金) 15:00-16:30
  • 場所:オンライン開催
  • 話題提供者:酒井慎一 教授(東京大学地震研究所・情報学環)、飯尾能久 教授(京都大学防災研究所)
  • 開催報告ページ

【ハイブリッド開催】Slow-to-Fast地震学国際合同研究集会2022
  • 日時:令和4年9月14日(水)〜16日(金)
  • 開催形態:ハイブリッド開催
  • 現地会場:奈良春日野国際フォーラム 甍 〜I・RA・KA〜
  • 連絡担当者:スロー地震学事務局(下記の研究集会概要参照)
  • 研究集会概要:(日本語)  WEB site :(English) 

平城京跡資料館 令和4年度 夏期企画展 「大地鳴動 -大地の知らせる危機と私たちの生活-」
  • 2022年7月16日(土)〜8月28日(日)
  • 場所:平城宮跡資料館企画展示室
  • 主催:国立文化財機構奈良文化財研究所
  • 共催:国立文化財機構 文化財防災センター、地震・火山噴火予知研究協議会
  • 詳細ホームページ

【オンライン開催】地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第15回:富士山:噴火の履歴と活動のモニタリング
  • 日時:2022年7月5日(火) 15:00-16:30
  • 場所:オンライン開催
  • 話題提供者:吉本充宏 主幹研究員(山梨県富士山科学研究所)、青木陽介 准教授(東京大学地震研究所)
  • 開催報告ページ

【オンライン開催】次期計画検討シンポジウム

【オンライン開催】地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第14回:内陸地震の長期予測手法
  • 日時:2022年5月10日(火) 15:00-16:30
  • 場所:オンライン開催
  • 話題提供者:石山達也 准教授(東京大学地震研究所),西村卓也 准教授(京都大学防災研究所)
  • 開催報告ページ

  • 地震・火山噴火予知研究協議会と広報アウトリーチ室は,「地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ」を開催しています.
    地震・火山噴火予測研究の現状について,研究者と率直に議論できる場にしたいと思います.

    ■地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ
    地震や火山噴火に関する研究の成果は,これらの予測の基礎となることが期待されています.これまでの研究から,地震や火山噴火のメカニズムへの理解は深まってきました.また,今後発生する可能性のある地震や火山噴火を指摘することもある程度はできます.しかし,規模や発生時期についての精度の高い予測はまだ研究の途上です.このサイエンスカフェでは,地震・火山噴火の予測研究の現状について研究者と意見交換を行い,研究者・参加者双方の理解を深めることを目的とします.

    ■今回の話題
    内陸地震の長期予測は,地震の発生履歴に基づいて行われています.長期予測の 精度を高めるには,過去の地震の規模や発生時期の理解を深めるための活断層調査の高度化が重要です. また,長期予測の高度化については,測地観測データなどを利用した新たな予測手法の研究も行われています.内陸地震の長期予測の現状と今後の発展について, アクティブテクトニクスを専門とする石山准教授と,測地学を専門とする西村准教授に話題提供していただき,議論しました.