Publication

[ 論文(査読有) ]

      
  1. 五島朋子・矢崎良明・石辺岳男, 公立小中学校における学校防災マニュアル管理・運営の課題について「学校防災アンケート」の調査報告-教育委員会との連携強化を目指して-,災害情報,No.18-1.83-94,2019年.

    学校における学校防災マニュアル管理・運営の課題について、学校アンケートをもとに分析を行った。その結果、行政と所管学校との繋がりや相互の働きかけ合いが不足している面がみられ、そのために発災時に防災マニュアルが機能しない可能性を指摘した。
  2. J. Weil‐Accardo N. Feuillet K. Satake T. Goto K. Goto T. Harada H. Kayanne M. Nakamura N. Ramos J.‐M. Saurel K. Sowa S.‐C. Liu T.‐L. Yu C.‐C. Shen, 2019, Relative sea‐level changes over the past centuries in the central Ryukyu Arc inferred from coral microatolls,JGR,https://doi.org/10.1029/2019JB018466.

  3. 中村亮一・西山昭仁・原田智也・五島朋子, 2019, 1855年安政江戸地震の神奈川周辺の被害について,歴史地震,34, 167-183.
     1855年安政江戸地震の被害状況を歴史文献から検討した。基本地図情報(DEMデータ)とGIS(地理情報システム)を用いて川崎~横浜地域の標高を図示し、当時の海岸線等を復元する等の貢献をした
  4. Goto, T., K. Satake, T. Sugai, T. Ishibe, T. Harada, and A.R. Gusman, 2019, Tsunami history over the past 2000 years on the Sanriku coast, Japan, determined using gravel deposits to estimate tsunami inundation behavior, Sedimentary Geology, 382, 85-102, doi:10.1016/j.sedgeo.2019.01.001. [Article Link]
     堆積学の手法を用いて過去二千年間に岩手県宮古市沿岸に襲来した17個のイベント(津波・高潮)の発生時期と規模を解明した。
  5. Gusman, A.R.,T. Goto, K. Satake, T. Takahashi, and T. Ishibe, 2018, Sediment transport modeling of multiple grain sizes for the 2011 Tohoku tsunami on a steep coastal valley of Numanohama, northeast Japan, Marine Geology, 405, 77-91, doi:10.1016/j.margeo.2018.08.003. [Article Link]
     学位論文の結果で得られた3つの情報(津波堆積物の採取地点・堆積物の粒度情報・地形情報)を他研究者に提供し、2011年東北地方太平洋沖地震津波時の浸水シミュレーションならびに土砂移動モデルシュミレーションの手法開発に寄与した
  6. Kusumoto, S., T. Goto., T. Sugai, T. Omori, and K. Satake, 2018, Geological evidence of tsunamis in the past 3800 years at a coastal lowland in the Central Fukushima Prefecture, Japan. Marine Geology, 404, 137-146, doi:10.1016/j.margeo.2018.07.004. [Article Link]
  7. Goto, T., K. Satake, T. Sugai, T. Ishibe, T. Harada, and A.R. Gusman, 2017, Effects of topography on particle composition of 2011 tsunami deposits on the ria-type Sanriku coast, Japan , Quaternary International, doi:10.1016/j.quaint.2017.05.014. [Article Link]
     岩手県宮古市に襲来した2011年東北地方太平洋沖地震時の津波の浸水様式を、実際に陸域に堆積した津波堆積物の構成粒子より特徴づけた。小谷地形で30m以上の高い津波高を裏付けるように、平常時に、斜面域・河川域・海岸に堆積するそれぞれの礫が混在したものが谷底低地に津波堆積物として保存されていた。
  8. Goto, T., K. Satake, T. Sugai, T. Ishibe, T. Harada, and S. Murotani, 2015, Historical tsunami and storm deposits during the last five centuries on the Sanriku coast, Japan, Marine Geology, 367, 105-117, doi:10.1016/j.margeo.2015.05.009. [Article Link]
     国土地理院が発行している基本地図情報「数値標高モデル」(DEMデータ)と、GIS(Geographic Information Syste:地理情報システム)を用いて谷地形の急峻の度合いを数値的に示すとともに、堆積学の手法を用いて過去二千年間に岩手県宮古市沿岸に襲来した17個のイベント(津波・高潮)の発生時期と規模を解明した
  9. 萬年一剛,五島朋子,浪川幹夫, 2013, 神奈川県逗子市,鎌倉市,藤沢市における1923年大正関東地震による津波新資料と国土地理院DEMに基づく再検討, 歴史地震, 28, 71-84.[Article Link]
     過去の資料(歴史文献・地形データ)から1923年関東地震で発生した浸水被害を検証した。基本地図情報「数値標高モデル」(DEMデータ)を用いて数m単位の詳細な浸水域を再現した

[ 論文(査読無) ]

      
  1. 都司嘉宣・岡村眞・松岡裕美・五島朋子・韓世燮,2002,三重県尾鷲市大池および紀伊長島町諏訪池の湖底堆積物中の歴史・先史津波痕跡について, 月刊地球,24,743-747.
  2. 都司嘉宣・五島朋子・岡村眞・松岡裕美・韓世燮,2001,三重県尾鷲市須賀利浦の大池の湖底堆積層中の歴史・および先史津波痕跡, 津波工学研究報告,18,11-14. [Article Link]
     今後発生が懸念される南海トラフ地震の発生時期を予測するために、過去の地震履歴を解明した

[ 報告書等 ]

  1. 佐竹健治,村岸純,中村亮一,五島朋子,2017,首都圏での中小地震と大地震の発生過程の関係の解明,「都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクト①首都直下地震の地震ハザード・リスク予測のための調査・研究」平成28年度成果報告書,pp. 93-132.
  2. 五島朋子,2012,津波堆積物ワークショップ巡検(2012年10月7日~8日)参加報告,堆積学研究,71(3), 223-227. [Article Link]