研究業績

投稿論文

  1. Ohashi, M., M. Ichihara, F. Maeno, B. Kennedy, and D. Gravley (2020) Quantitative measurement of bubble textures in pumice clasts using a digital stereo microscope with low-angled ring illumination, Earth Planets and Space, 72, 185, https://doi.org/10.1186/s40623-020-01320-0.
  2. Ohashi, M., M. Ichihara, S. Takeda, K. Hirota, S. Sato, O. Kuwano, and M. Kameda (2020) Formation of tube-pumice structure under pure shear: Insights from extension tests of solidifying foam, Journal of Volcanology and Geothermal Research, 392, 106772, https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2020.106772.
  3. Takeda, S., M. Ohashi, O. Kuwano, M. Kameda, and M. Ichihara (2020) Rheological tests of polyurethane foam undergoing vesiculation-deformation-solidification as a magma analogue, Journal of Volcanology and Geothermal Research, 393, 106771, https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2020.106771.
  4. Natsume, Y., M. Ichihara, and M. Takeo (2018) A non-linear time-series analysis of the harmonic tremor observed at Shinmoedake volcano, Japan, Geophysical Journal International, 216(3), 1768-1784, https://doi.org/10.1093/gji/ggy522
  5. Ohashi, M., M. Ichihara, A. Toramaru (2018) Bubble deformation in magma under transient flow conditions, Journal of Volcanology and Geothermal Research, 364, 59-75, doi:10.1016/j.jvolgeores.2018.09.005.
  6. Yamakawa, K., M. Ichihara, K. Ishii, H. Aoyama, T. Nishimura, M. Ripepe (2018) Azimuth Estimations From a Small Aperture Infrasonic Array: Test Observations at Stromboli Volcano, Italy, Geophysical Resaerch Letters, 45(17), 8931-8938, doi:10.1029/2018GL078851.
  7. Kanno, Y., and M. Ichihara (2018) Sawtooth wave-like pressure changes in a syrup eruption experiment: implications for periodic and nonperiodic volcanic oscillations, Bull. Volcanol., 80(8), 65, doi:10.1007/s00445-018-1227-z.

学会発表

2019年度

  1. Kazuya Yamakawa,Mie Ichihara,Claudia Sanchez, Wataru Ikeda, Giorgio Lacanna, Maurizio Ripepe, Experiments of Small Aperture Infrasonic Array, First Japan-Singapore Volcanology PhD Symposium, 2019/10/12-16, Singapore, 口頭
  2. 山河和也,市原美恵,Claudia Sanchez, 池田航, Giorgio Lacanna, Maurizio Ripepe, ストロンボリにおける空振の3次元的小規模アレイ観測実験, 日本火山学会2019年秋季大会, A1-05, 2019/9/25-9/27, 神戸大学, 口頭
  3. Masatoshi Ohashi,Mie Ichihara, Fukashi Maeno, Ben Kennedy, Darren Gravley, The textural analysis of pumice from the Plinian eruption of Taupo volcano: implications for tube pumice, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2019/5/26-2019/5/30 ポスター

2018年度

  1. 大橋正俊,市原美恵,寅丸敦志,非定常気泡変形のモデル化とその火山学的応用, 日本火山学会2018年秋季大会, A3-21, 2018/9/26-9/28, 秋田大学, 口頭
  2. 山河和也,市原美恵,小規模空振アレイの解析方法の比較, 日本火山学会2018年秋季大会, B3-06, 2018/9/26-9/28, 秋田大学, 口頭
  3. 大橋正俊,佐藤秀,市原美恵,亀田正治,Pure shearによる気泡変形:硬化するフォームの変形実験, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2018/5/20-2018/5/25, ポスター
  4. 山河和也,市原美恵,石井杏佳,青山裕,西村太志,リペペ マウリチオ,Stromboliにおける小規模空振アレイの観測の評価, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2018/5/20-2018/5/25, 口頭

2017年度

  1. 菅野洋,市原美恵,噴火の周期性解明に向けたアナログ実験の数理構造検討, 日本火山学会2017年秋季大会, P115, 2017/9/21-9/23, 熊本大学, ポスター
  2. 大橋正俊,市原美恵,寅丸敦志,膨張と合体を考慮した気泡サイズ分布時間発展の数学的な取り扱い, 日本火山学会2017年秋季大会, P114, 2017/9/21-9/23, 熊本大学, ポスター
  3. 山河和也,石井杏佳,市原美恵,青山裕,西村太志,室内実験及びStromboli空振観測のMUSIC法による小規模アレイ解析, 日本火山学会2017年秋季大会, P69, 2017/9/21-9/23, 熊本大学, ポスター
  4. Yo Kanno, Mie Ichihara, Chamber-pipe flow experiment as a mathematical analogue for flow-induced volcanic oscillation systems, IAVCEI2017 Scientific Assembly, 2017/8/14-8/18, Portland, Oregon, U.S.A, Poster
  5. Masatoshi Ohashi, Mie Ichihara, Shiori Takeda, Osamu Kuwano, Atsushi Toramaru, Shape evolution of bubble during solidification -exploring the history of tube pumice-, IAVCEI2017 Scientific Assembly, 2017/8/14-8/18, Portland, Oregon, U.S.A, Poster
  6. Kazuya Yamakawa, Mie Ichihara, Characterization and modeling of sound generated by a bubble vibrating on liquid surface, IAVCEI2017 Scientific Assembly, 2017/8/14-8/18, Portland, Oregon, U.S.A, Poster
  7. 菅野洋,市原美恵,アウトリーチ活動のための水あめ噴火実験, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2017/5/20-2017/5/25, 口頭
  8. 菅野洋,市原美恵,リペペ マウチリオ,ラカンナ ジョルジオ,井口正人, 空振アレイ観測によって捉えた桜島の空振活動推移:2015年1月〜12月, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2017/5/20-2017/5/25, ポスター
  9. 大橋正俊,市原美恵,武田志緒里,桑野修,寅丸敦志, 硬化過程におけるフォームの変形実験 -Tube Pumiceの履歴を探る-, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2017/5/20-2017/5/25, 口頭
  10. 山河和也,市原美恵, 泡の膜の振動の音の解析, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2017/5/20-2017/5/25, ポスター
  11. 武田志緒里,大橋正俊,桑野修,亀田正治,市原美恵, 固化過程におけるフォームの粘弾性特性とせん断変形挙動, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2017/5/20-2017/5/25, ポスター

2016年度

  1. 菅野洋, 市原美恵, 連続スラグ流実験で計測される特徴的空気振動波形〜非周期性の解明に向けて, 日本火山学会2016年秋季大会, P64, 2016/10/13-10/15, 富士吉田市民会館富士山ホール(山梨県富士吉田市), ポスター
  2. 山河和也, 市原美恵,ウェーブレット変換を応用した気泡音の相互相関解析, 日本火山学会秋季大会, 富士吉田市民会館富士山ホール(日本), 2016/10/12-10/16, ポスター
  3. 大橋正俊, 市原美恵, 桑野修, 寅丸敦志, 気泡構造の保存過程を理解するためのポリウレタンフォームの変形実験, 日本火山学会秋季大会, 富士吉田市民会館富士山ホール(日本), 2016/10/12-10/16, ポスター
  4. Yo Kanno, Mie Ichihara, Sawtooth wave-like pressure changes appeared in a slug flow experiment: Toward understanding of volcanic oscillation systems, 31st IUGG Conference on Mathematical Geophysics, 92633, 2016/6/6-6/10, Paris, France, Poster
  5. Masatoshi Ohashi, Mie Ichihara, Atsushi Toramaru and Osamu Kuwano, Experiments with polyurethane foam toward simulating tube pumice, Goldschmidt, Yokohama, Japan, 2016/6/26-2016/7/1, 口頭
  6. Masatoshi Ohashi, Mie Ichihara, Atsushi Toramaru and Osamu Kuwano, Experiments with polyurethane foam toward simulating tube pumice, The 6th Workshop on Collapse Caldera, Hokkaido, Japan, 2016/9/4-2016/9/10, ポスター
  7. 菅野洋, 市原美恵, スラグ流れ実験にみられるノコギリ波状圧力変動(STW): 火山振動系の理解に向けて, 日本地球惑星科学連合大会, SVC49, 2016/5/22-5/26, 幕張メッセ(千葉県千葉市), 口頭
  8. 大橋正俊, 市原美恵, 寅丸敦志, 桑野修, 模擬Tube pumiceの生成を目指したポリウレタンフォームの粘弾性実験, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2016/5/22-2016/5/26, ポスター
  9. 向井優理恵, 山河和也, 竹尾明子, 前田拓人, 小原一成, 2014-2015年における阿蘇山の長周期微動活動モニタリング, 日本地球惑星科学連合大会, 幕張メッセ(日本), 2016/5/22-2016/5/26, ポスター

市原美恵個人の研究業績はこちらのページをご覧下さい.



市原研究室

〒113-0032
東京都文京区弥生1-1-1
東京大学弥生キャンパス
地震研究所2号館

教員室 503号室
院生室 501, 504号室


ページのトップへ戻る