地震研究所図書室は、地震・火山等に関する研究のための専門図書室(共同利用・共同研究拠点)です。約5万冊の図書、約2千タイトルの雑誌、地図類、貴重資料(災害写真・鯰絵などの和古書類  特別資料データベース )を所蔵しています。


myopac   図書・文献の取り寄せはこちらから(学内者限定)

※『東京大学地震研究所彙報』など地震研究所出版物の多くを全文公開しています。

お知らせ

2016/12/2
年末年始の下記の期間、図書室を閉室いたします。
閉室期間: 2016年12月28日(水)〜2017年1月4日(水)
1月26日(木)・2月23日(木)16:00 に閉室いたします。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
2016/10/24
10月24〜30日は国際オープンアクセスウィークです。
オープンアクセスとは、学術論文等をWeb上で無料公開し、誰でも利用できるようにする仕組みです。近年、雑誌の価格の高騰により、世界的にオープンアクセスへの意識が高まっています。
論文をオープンアクセスにすると、全世界の人に無料ですぐに読んでもらえ、論文が引用される可能性が高くなるといったメリットがあります。
東京大学では UTokyo Repository で論文を公開することができます。この機会にUTokyo Repositoryへの登録をぜひご検討ください。
OAW国際オープンアクセスウィーク
開催期間: 2016年10月24日〜10月30日
東京大学附属図書館オープンアクセスウィーク2016 「今日からはじめるオープンアクセス」のお知らせチラシ [PDF]
UTokyo Repository in Action!チラシ [PDF]
※期間中、地震研図書室トップページの背景を、イメージカラーのオレンジに変更しています。(終了しました)

    > 過去のお知らせ    > このページの先頭へ