トップページ

平成31年度から,新しい建議「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画の推進について(第2次)」に基づく5年間の研究計画が実施されています.

今後コンテンツを更新・追加していきます。

企画部から
企画部では、協議会や参加機関の活動をホームページで紹介したいと考えており、 ニュース記事や写真、図面を募集しています。企画部までお寄せ下さい。 本計画で得られた研究成果をプレス発表した場合などもお知らせ下さい。 記事の掲載は企画部にご一任下さい。

お知らせ

地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第3回

地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第3回:「地震に先行する現象の評価:災害情報への利用可能性」が, 令和2年6月24日に開催されました。

拡大計画推進部会

令和2年5月26日(火)にオンラインで拡大計画推進部会を開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開催されなかった「令和元年度成果報告シンポジウム」の代替として、昨年度の成果報告を行いました。
参加人数:午前168名、午後163名

令和2年度第1回地震・火山噴火予知研究協議会

令和2年度第1回地震・火山噴火予知研究協議会が下記の通り開催されました。

日時:令和2年4月17日(金) 10:00〜12:00
場所:Web会議システムによるリモート会議

(お知らせ)新しいパンフレットを作成しました

「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」のパンフレットを作成しました。

「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」令和元年度成果報告シンポジウムは中止となりました

3月9日(月)〜10日(火)に開催を予定していました令和元年度「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」成果報告シンポジウムにつきましては、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、開催の可否について企画部内で検討してきました。 その結果、開催に対して慎重な意見が複数あったこと、また、本日政府より大規模なスポーツやイベントの中止か延期などを求める要請が出されたことも考慮して、今年度の成果報告シンポジウム開催を中止する判断をしました。 既に、発表の準備をしていただいた皆様、交通機関や宿泊の予約をされた皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承いただきますようお願いいたします。

(お知らせ)企画部Facebookページを開設しました

地震・火山噴火予知研究協議会企画部は、適時に細やかな情報提供を行うため、Facebookページを始めました。フォローをよろしくお願いいたします。

地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第2回

地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第2回:「大地震発生後の地震活動の推移予測の難しさ」が, 令和2年2月20日に開催されました。

(研究者向け)「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」令和元年度研究成果報告入力のお願い

ウェブ入力システムを利用した年次報告の受付を開始します. 研究課題連絡担当者,公募研究代表者,機関代表者の皆様には,メールでご連絡差し上げたとおり,報告書の提出をお願いします.

- 令和元年度の成果の報告(成果管理システムのページに移動)(認証が必要です.)
- 締切:令和2年2月10日(月)17時
- 成果入力FAQ集

地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第1回

地震・火山噴火予測研究のサイエンスカフェ第1回:「近年の浅間山噴火等を例にした,火山噴火予測研究の現状」が,令和元年12月3日に開催されました。

令和元年度第2回地震・火山噴火予知研究協議会

令和元年度第2回地震・火山噴火予知研究協議会が下記の通り開催されました。

日時:令和元年10月25日(金) 10:00〜11:45
場所:東京大学地震研究所1号館2階セミナー室

平成31年度第1回地震・火山噴火予知研究協議会

平成31年度第1回地震・火山噴火予知研究協議会が下記の通り開催されました。

日時:平成31年4月3日(水) 10:00〜12:30
場所:東京大学地震研究所1号館3階会議室

(お知らせ)新しい地震火山観測研究計画を平成31年4月より始めます

平成31年1月、科学技術・学術審議会総会より関係大臣に、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)の推進について」が建議されました。
地震・火山噴火予知研究協議会は、全国の大学、研究機関、行政機関等と連携・協力して、平成31年4月よりこの新たな5か年計画を推進していきます。

詳細はこちら

平成26年度から30年度のお知らせ

前計画(平成21年度から25年度まで)のページへ