地震研究所図書室は、地震・火山等に関する研究のための専門図書室(共同利用・共同研究拠点)です。約5万冊の図書、約2千タイトルの雑誌、地図類、貴重資料(災害写真・鯰絵などの和古書類  特別資料データベース )を所蔵しています。


myopac   ←図書・文献の取り寄せはこちらから(学内者限定)

※『東京大学地震研究所彙報』など地震研究所出版物の多くを全文公開しています。

お知らせ

2022/1/24更新 【重要】
2020年6月15日以降、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当室は地震研究所所属者限定で開室しています。
現在、東京大学活動制限レベル「B」対応となっています(2022.1.24~)。
新型コロナウイルス感染症に関連する対応について(東京大学)

地震研究所所属者限定開室期間:
2020年6月15日(月)~当面の間(終期未定)

建物への入館が制限されているため、地震研究所以外の東京大学所属の方(学内他部局所属の方)、学外の方には引き続きご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。
  • 学内他部局所属の方:MyOPACでご自身のホームライブラリに取り寄せてご利用ください。(複写・PDF閲覧は有料です。詳しくはご自身のホームライブラリにお尋ねください。) MyOPACで取り寄せできない資料の利用をご希望の場合は当図書室にご相談ください。
  • 学外の方:ご所属大学・機関の図書館を通じて複写・貸出についてご相談ください。

2020/3/5 【重要】
【東大図書館全体のお知らせ】新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、臨時休館や開館時間変更、一部のサービスを停止する図書館・室があります。
ご利用の際は休館情報等のまとめページや各図書館・室の最新情報をご確認ください。[随時更新中]

    > 過去のお知らせ    > このページの先頭へ