第961回地震研究所談話会開催のお知らせ

下記のとおり地震研究所談話会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
皆様のご来聴をお待ちしております。

                 記

日  時  平成29年6月16日(金)午後1時30分~ 
場  所  地震研究所 2号館5階第一会議室

1. 13:30-13:45
演題: 西之島の2017年噴火について
著者:○武尾 実・前野 深・篠原雅尚・大湊隆雄・市原美恵・金子隆之・渡邊 篤志
要旨:2017年4月18日に再噴火した西之島の初期の活動について報告する。
 
2. 13:45-14:00
演題: Preliminary results from shear wave splitting and receiver functions
recorded on the HOBITSS array in an area of slow slip offshore New Zealand
著者:○Martha SAVAGE・Hubert ZAL (Victoria University of Wellington),
Yarce JEFFERSON(University of Colorado, Boulder),
Katrina JACOBS (Victoria University of Wellington), Kimihiro MOCHIZUKI,
Anne SHEEHAN (University of Colorado, Boulder),
Susan SCHWARTZ (University of California, Santa Cruz), Erin TODD (University of Otago)
要旨:The HOBITSS ocean bottom seismometer deployment recorded earthquakes
from May 2014 through June 2015, including background activity and also
seismicity associated with a slow slip event in October 2014. We present
preliminary results of shear wave splitting on this deployment and on
surrounding stations. We also present preliminary results of receiver
function analysis on teleseismic arrivals on the same stations, which recorded
strong sediment reverberations.

3. 14:00-14:15
演題: Effects of topography on particle composition of 2011 tsunami deposits
on the ria-type Sanriku coast, Japan
著者:○Tomoko GOTO・Kenji SATAKE, Toshihiko SUGAI(Graduate School of Frontier Sciences),
Takeo ISHIBE(Association for the Development of Earthquake Prediction),
Tomoya HARADA and Aditya Riadi GUSMAN

4. 14:15-14:30
演題: 地震の核形成過程に対する周期的応力摂動の効果
著者:○齋藤拓也・波多野恭弘

5. 14:30-14:45
演題: 大規模自由度モデルのための不確実性評価に基づく状態予測を可能にする4次元変分法データ同化
著者:○伊藤伸一・長尾大道、糟谷 正・井上純哉(工学系研究科)

○発表者
※時間は質問時間を含みます。
※談話会のお知らせが不要な方は下記までご連絡ください。

〒113-0032 東京都文京区弥生1-1-1 
東京大学地震研究所研究支援チーム
E-mail:k-kyodoriyo@eri.u-tokyo.ac.jp
※次回の談話会は平成29年7月21日(金)午後1時30分~です。