機器・データ等の利用申請

地震研究所が管理する共同利用が可能な施設・実験装置・観測機器・データ・資料、衛星通信等を用いた全国地震観測システムデータがご利用いただけます。2ヵ月以上の利用を希望される特定機器は、毎年6月頃に行われる次年度利用分の公募で受付けています。

共同利用施設、観測機器、装置等一覧表

2021年度 別表F・D・M一覧表【2021.4.1~2022.3.31 利用分】受付中
*2021年度公募要領はこちらをご覧ください

2022年度 別表F・D一覧表【2022.4.1~2023.3.31 利用分】(受付前)
*2022年度公募要領はこちらをご覧ください

様式は様式一覧ページに掲載しています。

随時ご利用いただけるもの

ご利用機器によって申請条件が異なりますので、詳細については、公募要領または別表をご確認ください。なお、事前に利用施設等の担当教員と打ち合わせのうえ、Web申請システムよりご提出ください。

機器

ご利用機器によって申請条件が異なりますので、詳細については、公募要領または別表をご確認ください。なお、事前に利用施設等の担当教員と打ち合わせのうえ、Web申請システムよりご提出ください。


施設・機器等の利用

申請時期:随時

別表Fに記載のもの


データ・資料等の利用

申請時期:随時

別表Dに記載されているものの中で、20XX-D-05(20XXは利用年) 衛星通信等を用いた全国地震観測システムデータ受信利用。
全国の高感度地震観測点千数百点分のリアルタイム地震波形データをご利用いただけます。
申請前に、以下の規定等をご確認ください。
衛星通信地震観測システムデータ受信利用規定
全国地震波形データ受信と全国地震波形データ受信専用局の共同利用について
地震波形データの利用(データ利用の申請)
関係機関より提供を受けた地震波形データの流通及び利用に関するガイドラインについて


特定機器(2ヵ月以上)利用申し込み

申請時期:前年7月末


特定機器(利用期間2か月未満)

申請時期:随時

別表Mに記載のもの


衛星通信等を用いた全国地震観測システムデータの利用

申請時期:随時

別表Dに記載のもの


様式は様式一覧ページに掲載しています。

ご利用の流れ

各種申請は、Web申請システムより受け付けております。自署・押印が必要な様式は原本を郵送にてご提出ください。※2021年6月より、原本の郵送ではなく、スキャンのPDFデータをweb申請システムまたはメールでご提出いただけるようになりました。
また、年度毎に申請が必要です。再度申請いただくことにより、複数年度にわたり継続利用が可能です。

ご利用の流れ

※1 公募要領に記載されている利用条件等をご確認の上、担当教員と打ち合わせください。
※2 衛星通信等を用いた全国地震観測システムデータの利用は様式が異なります。
※3 衛星通信等を用いた全国地震観測システムデータの利用は、利用許可までに3週間程度かかります。
※4 既に東京大学地震研究所に提出されている場合は不要です。2021年6月より、原本の郵送ではなく、スキャンのPDFデータをweb申請システムまたはメールでご提出いただけるようになりました。
※5 所外へ持ち出す場合にのみ必要です。持ち出しの2週間前までにご提出ください。(継続利用であっても年度ごとのご提出となります)2021年6月より、原本の郵送ではなく、スキャンのPDFデータをweb申請システムまたはメールでご提出いただけるようになりました。
※6 年度をまたがって利用(継続)される場合は、新年度に新たに申請書をご提出ください。
※7 研究期間終了後、30日以内にご提出ください。(継続利用であっても年度ごとのご提出となります)

様式は様式一覧ページに掲載しています。

特定機器(2ヵ月以上)利用申し込み

2022 年度特定機器利用の公募について(通知) (終了しました)

特定機器として登録された観測機器について、次年度の共同研究への貸出し予約を公募するものです。科研費等を用いたプロジェクトへの利用を推奨しています。

共同利用申し込みの流れ_特定利用機器

※1 年一回。随時貸出とは様式が違いますのでご注意ください。
※2 既に東京大学地震研究所に提出されている場合は不要です。2021年6月より、原本の郵送ではなく、スキャンのPDFデータをweb申請システムまたはメールでご提出いただけるようになりました。
※3 所外へ持ち出す場合、持ち出す2週間前までに提出してください。2021年6月より、原本の郵送ではなく、スキャンのPDFデータをweb申請システムまたはメールでご提出いただけるようになりました。

様式は様式一覧ページに掲載しています。