第962回地震研究所談話会開催のお知らせ

下記のとおり地震研究所談話会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
皆様のご来聴をお待ちしております。

日  時  平成29年7月21日(金)午後1時30分~
場  所  地震研究所 2号館5階第一会議室

1. 13:30-13:45
演題:Reduction of randomness in seismic noise as a precursor to volcanic eruptions:
1996 Gjalp and 2009 Redoubt, and 2011 Shinmoedake(?)
著者:○ K. I. KONSTANTINOU(National Central University)、 M. ICHIHARA

2. 13:45-14:00
演題:新燃岳2011年噴火における連続微動の震源移動
著者:○市原美恵、松本 聡(九州大学)

3. 14:00-14:15
演題:3次元シミュレーションに基づいた爆発的火山噴火の強度と噴煙高度の関係
著者:○鈴木雄治郎、アントニオ・コスタ(INGV)、小屋口剛博
要旨:火山噴煙の3次元シミュレーションを行い、噴火条件と噴煙高度の関係を明らかにした。

※時間は質問時間を含みます。
※談話会のお知らせが不要な方は下記までご連絡ください。

〒113-0032 東京都文京区弥生1-1-1
東京大学地震研究所研究支援チーム
E-mail:k-kyodoriyo@eri.u-tokyo.ac.jp
※次回の談話会は平成29年9月15日(金)午後1時30分~です。