第946回地震研究所談話会開催のお知らせ

関 係 各 位


                       東京大学地震研究所長 

                                         小 原 一 成


        第946回地震研究所談話会開催のお知らせ


 下記のとおり地震研究所談話会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

 皆様のご来聴をお待ちしております。




                  記



日  時  平成28年2月19日(金)午後1時30分~ 

場  所  地震研究所 2号館5階第一会議室


1. 13:30-13:45

Source estimate and tsunami forecast from far-field deep-ocean tsunami waveforms―The 27 February 2010 Mw 8.8 Maule earthquake

Masahiro YOSHIMOTO (Nagoya University),〇Shingo WATADA, Yushiro FUJII (Build. Res. Inst.), Kenji SATAKE




2. 13:45-14:00

地震のモーメントテンソル解を用いた九州における地震発生層の非弾性ひずみと応力場

〇松本聡(九州大学/東大地震研客員教員)

要旨: 浅発地震のモーメントテンソルの重ねあわせから、九州内の地震発生層における非弾性ひずみと応力場を推定し特徴を述べる。






3. 14:00-14:15

2016年台南地震(台湾)の強震動パルスと建物倒壊

〇纐纈一起・小林広明・司宏俊・Loic VIENS・チョウ紅旗・三宅弘恵(東大情報学環)


要旨: 2016年台南地震(台湾)の近傍強震記録に発見された長周期パルスの発生要因と建物倒壊への影響を分析した.




4. 14:15-14:30

西之島周辺における長期海底地震観測

〇篠原雅尚・市原美恵・酒井慎一・山田知朗・武尾実, 杉岡裕子(神戸大学), 浜野洋三(JAMSTEC),長岡優・高木朗充(気象庁気象研究所),森下泰成・西澤あずさ(海上保安庁海洋情報部)

要旨: 西之島火山活動を把握するために、長期観測型OBSを用いた地震観測を実施した。




○発表者  ※時間は質問時間を含む




※次回の談話会は平成28年3月18日(金)午後1時30分~です。