金曜日セミナー:着任セミナー (2019年1月18日) 鎌谷 紀子 氏(地震火山噴火予知研究推進センター 准教授)

私は昨年(H30年)4月に、気象庁から地震研究所に来ました。気象庁は大学とは異なり、刻々と変化する自然現象をリアルタイムで捉え、観測結果に基づき一般の方々に向けて即時に防災情報を発表するところです。その情報が一般の方々に与える影響は非常に大きいことから、どのような内容を情報として発表するかを決める時には、職員が議論を重ねるとともに細心の注意を払っています。しかし、気象庁の職員は保守的な情報発表のみに安穏としているわけではなく、自然災害発生時には少しでも多くの人の命を救いたいという強い思いを抱き、そのためにはどのような情報を出すべきなのかを日々考えています。
私も、東海地震予知や地震活動評価に関わる部署で長く働いてきた中で、どのような地震発生予測情報が出せるのかについて考えてきました。地震予知は困難という現状ではありますが、一般の方々が望むのは、やはり地震発生予測情報であることを現場で感じてきました。せめて地震学者が持っている相場観だけでも知らせて欲しいというのが、一般の方々の望みだと感じています。地震学の知見に基づき、現在の地震学の身の丈に合った内容を、社会に混乱を起こすことなく適切な防災行動を促すように発表するためには、どのような情報にすれば良いのでしょうか。
セミナーでは、気象庁が現在発表することにしている3つの地震発生予測情報について説明し、将来出せるかもしれない地震発生予測情報にはどのようなものがあり得るのか、私が考えていることについてお話したいと思います。また、自己紹介により、気象庁でのキャリアパスについて一例を紹介したいと思います。

I came to ERI from Japan Meteorological Agency (JMA) last April. Unlike universities, JMA is a government agency which observes natural phenomena in real time and issues information for disaster prevention to the public promptly. Since the influence of the information is very large, when the staffs of JMA decide the contents of the information, they discuss many times and give their full attention to the contents. However, the staffs of JMA are not satisfied with conservative information announcement. With strong feelings to save as many people as possible at the time of a natural disaster, they are considering what kinds of information should be issued.
I have considered what kinds of information for earthquake prediction we can issue in the department related to Tokai Earthquake Prediction and Earthquake Activity Evaluation in JMA. Although earthquake prediction is very difficult for the present, I have felt at the workplace in JMA that the public wants prediction information of earthquakes. I feel that it is public desire to know at least “market view” of seismologists. What kinds of information should be issued which are not beyond seismology and encourage people to take appropriate disaster prevention behavior without causing social panic?
At the seminar, I will explain 3 “earthquake prediction information” which JMA is now operating. In addition, I would like to talk my opinion about what kinds of earthquake prediction information have possibilities to be issued in the future. Moreover, I would like to introduce one example of career path at JMA by introducing myself.