大正関東地震の波形記録

地震研究所には大正関東地震の記録が2点、保管されております。それぞれ違う地震計で録れた記録ですが、いずれも東京都の本郷に設置されていたものです。

今村式2倍強震計で録れた記録

 この記録は,1923年9月1日に発生した関東地震の際に,東京帝国大学地震学教室(東京,本郷)に置かれていた今村式2倍強震計によって得られたものです.今村明恒博士の報告(震災予防調査会報告第百号甲)には,P波の初動は11時58分44秒に観測したと記されています.ついでS波が来るとすぐに南北動成分(一番上の波形.記録紙の上側が南方向)と上下動成分(一番下の波形.記録紙の上側が下方向)の描針は外れ,東西動成分(真ん中の波形.記録紙の上側が東方向)だけが記録を続けました.それも揺れが大きかったために,振り子が南北動成分のフレームに当たってしまったようで,正確な最大振幅はとらえていません.上下動成分には,1分間ごとにマークが入っており(タイムマーク),このときは1分間4cmの速さで記録紙を巻いたドラムが回転していました.
 おそらく記録紙に書かれている赤字は今村ら当時の人たちが解析や研究のために記載したもので,白字はマグニチュードの記載があることから後世の研究者が記載したものと思われます(注:マグニチュードという指標ができたのは関東地震より後で,関東地震のマグニチュードが7.9と言われるようになったのは1951年以降です).
 国立科学博物館(東京,上野)に展示されている今村式2倍強震計が,この記録を取ったと言われています.
(地震火山情報センター 外来研究員 室谷 智子)
今村式2倍強震計

ユーイングの円盤型記録式地震計で録れた記録

 円盤が回転し,煤をつけた記録紙に地震動が記録される.
 Beginningが記録開始で,SW-NW, SE-NWおよびU-Dの3成分が記録されている. 1回転は約2分,最大振幅はSW-NE成分で15cm,SE-NW成分で40cm程度と推定されている.
(地震火山情報センター 鶴岡 弘 准教授)
地震研究所所蔵のユーイングの円盤型記録式地震計(復元模型)
波形記録のトレース


今村式2倍強震計、ユーイング円盤記録式地震計の両方とも機械式地震計で、当時主流であった「煤書き式」で録られているものです。

2号館の地下に残っている煤付け作業部屋で、今では見ることの少ない記録紙の煤付けの全工程を技術部総合観測室の渡邉技術職員が再現した動画です。

【煤書き式記録について】
 ドラムに巻き付けた「アート紙」に、石油ランプから出る「煤(すす)」をまんべんなく付着させることで記録紙を準備する。そのドラムを地震計に組み付けて回転させ、重りと繋がっている細い金属製の針先で記録紙を引っ掻くことで地面の揺れが記録される。記録終了後は紙を外し、「ニス」の中に通して煤を固定する。煤はやや薄目に一様に付けるのがよく、煤付けやニス掛けには熟練を要する。
 煤書き記録の特長は、記録線を数十ミクロンと非常に細くできることである。また煤は炭素であるから耐久性が良い。針先の固体摩擦も比較的小さく、振り子に対する反作用も小さいが、その影響を一層小さくする目的で、重りの非常に大きな(例えば 1 トン)地震計も作られた。
(東京大学地震研究所地震計博物館、2013年、p2「地震計発展の流れ」)