開催報告:懇談の場「地震後の建物は危険?安全?即時残余耐震性能判定システムを開発」

地震研究所と参加者とのコミュニケーション促進の場である「懇談の場」が2018年11月2日に開催されました。

今回は、地震後の建物が安全かどうかを自動的に判定する「即時残余耐震性判定システム」の開発について、 災害科学系研究部門の楠 浩一 教授 にお話しいただきました。

次回日程は、また決まり次第告知させていただきますが、「Pacific arrayについて」をテーマにする予定でおります。お気軽にお越しください。



過去に開催された「懇談の場」
ニュースレターPLUS:ダウンロード