所長挨拶

地震研究所は,1923 年の関東大震災を契機として1925 年に設立されました.設立当時からの使命は,地震・火山現象を科学的に解明し,それらによって起因する災害を軽減することです.この使命を果たすために,約80 名の教員を中心に,国内外における地球物理学的観測に基づく研究のほか,地震・火山現象の根源としての地球内部構造やダイナミクス,史料編纂所と連携しての歴史地震に関する文理融合研究,学術情報ネットワークを利用した大規模地震データのリアルタイム流通・解析,ビッグデータと高速計算とを融合した地震ハザード予測など,幅広い研究を行っています.
地震・火山研究を進める上で,国内外の研究者との連携は必要不可欠です.地震研究所は,地震・火山科学の共同利用・共同研究拠点として,国の建議に基づいた「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」をはじめとする様々な研究プロジェクトを企画立案し,全国の研究者と積極的に共同研究を行なっています.大学の附置研究所として,将来を担う次世代研究者や社会に役立つ人材育成にも積極的に取り組んでいます.
国際的には,海外の20 研究機関と学術協定を結ぶほか,ミュオグラフィ国際研究拠点,次世代ニュートリノ科学連携機構,太平洋アレイなどの海域観測ネットワーク研究プロジェクトへ参加し,国際共同研究を行っています.また,外国人研究者を客員教員・研究員として招聘するほか,東京大学の留学生やインターン学生としての受け入れ,
国際的なサマースクールの実施などで,年間100 名を超える外国人が地震研に滞在しています.
地震研究所での研究成果は国内外の学会や学術誌で発表するのみならず,内外の一般の方に向けて,広く伝えていきます.具体的には,ホームページやニュースレターでの発信のほか,毎年夏には一般公開を行ない,1000 名を超える方が来所されます.
地震研究所は2025 年には創立百周年を迎えます.今後とも,世界レベルの研究の実施,その成果の社会への還元を目指して,地震研究所の構成員が一丸となって努力してまいりますので,皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます.

2019年4月1日 所長:佐竹 健治

沿革

地震研究所(以下、本所)は、大正14年(1925年)11月13日に創立された。それまで30余年にわたり日本の地震学発展に貢献した文部省震災予防調査会の研究業務は、このとき本所に引きつがれた。昭和3年(1928年)6月には、東京帝国大学(当時)の構内に、本庁舎が完成し、本所は、同大学附属の研究所として、その基礎を定めた。
第二次世界大戦の苦難の時期を経て昭和24 年(1949年)5月31日に、国立学校設置法が制定され、本所は東京大学附属の研究所となった。戦後の復興と共に、国内外の研究の進展にもめざましいものがあった。本所でも研究規模の増大に伴い、昭和45年(1970年)3月、農学部構内に新しい庁舎(現在の2号館)が建設された。

新庁舎完成以後、本所は地震学・火山学の基礎研究を行うとともに、わが国における地震予知・火山噴火予知計画を推進してきた。昭和54年(1979年)度には地震予知観測センターが地震予知観測情報センターに改組され、全国の大学の地震予知計画に係わる観測データの集積、整理、提供等による研究も行われるようになった。

全国の大学が合同で実施する海陸での観測、全国地震観測網のデータ流通やそれらに基づく各種プロジェクト研究などの、大規模研究計画を担う体制が必要となり、平成6年(1994年)6月、本所は、東京大学附置の全国共同利用研究所となり、4部門、5センター、2附置観測施設の組織となった。さらに、客員教授制が採用され、全国から研究協力者を集めた各種の共同研究が行われるようになった。

平成9年(1997年)4月には、国内外の研究者と共同して地球規模の観測研究する目的で、新たに海半球観測研究センターが発足した。

平成18年(2006年)には、免震構造を有する新庁舎(1号館)が竣工するとともに、旧本館(2号館)の耐震改修も行われ、首都圏周辺で大地震が発生しても継続的な観測・研究ができる体制が整った。平成21年(2009年)、地震予知研究と火山噴火予知研究の一層の連携のために、地震予知研究推進センターと火山噴火予知研究推進センターを改組して、地震火山噴火予知研究推進センターと、火山噴予知研究センターを発足させた。

平成22年(2010年)に、本所は全国共同利用研究所から、全国共同利用・共同研究拠点となり、高エネルギー素粒子物理学研究センターを含む4部門、7センターに改組し、多様で多面的な観測固体地球科学を、機動的で柔軟な組織によって推進する体制となった。

平成24年(2012年)、東日本大震災の教訓を踏まえ、理学と工学の連携強化を目的として、先端的数値解析を軸に据えた巨大地震津波災害予測研究センターが発足した。

平成26年(2014年)から開始した「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の推進のため、防災研究の拠点である京都大学防災研究所との間で拠点間連携が開始された。