HOME > 広報アウトリーチ室 > 地球トリビア > 霧島山 噴火の歴史

IGP5153-1200x800
日本噴火志 平成23年(2011)、霧島山・新燃岳が52年ぶりに本格的な噴火を開始しました。霧島山の噴火の歴史を簡便に知るには、『日本活火山総覧(第3版)』(気象庁編)が便利ですが、その作成の基礎となった資料に、『日本噴火志』(大正7年 震災予防調査会)があります。 その原文は古語、あるいは漢字片仮名交じりで読みづらいので、読みやすい形に改めました。同書発刊後の研究成果は、加味されていませんのでご注意ください。地名や読み等の誤りもあると思われますが、ご教示をお待ちいたします。読み誤りやすい地名・人名は、末尾に註を付しました。 (広報アウトリーチ室 桑原央治/写真:福井萌)